「稲のゲノム解読」が陸奥新報、東奥日報に記事掲載

 石川教授らの研究者グループが、岩手県生物工学研究センターとの共同研究で、稲の品種「まっしぐら」「恋ほのか」のゲノム(全遺伝情報)を解読し、その成果が東奥日報、陸奥新報に掲載されました。

 本研究成果は、米のうま味や胴割れ耐性を決める遺伝子の解明、稲の品種改良の効率化につながることが期待されています。

                            陸奥新報 平成23年12月3日掲載
              この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。
                            東奥日報 平成23年12月18日掲載
              この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。

ページの先頭へ戻る