2014年度「アグリ・カレッジ」は無事終了しました

 将来の地域農業・農村地域の担い手を育成するため、青森県内の農業高校生を対象に講義を行っている「アグリ・カレッジ2014」では、7月から9月にかけて全8回の講義を行い、弘前実業高校、同校藤崎校舎、五所川原農林高校及び三本木農業高校の高校2年生9名が参加し、全員が修了しました。 9月6日(土)の閉講式では、佐々木学部長から修了証書が手渡されました。

 

〈講義の様子〉

P1030603★

〈閉講式〉

P1030609★P1030607★-1

 

【講義内容】

 

7月26日(土) 香り米にみるイネの多様性 石川 隆二
8月 5日(火) エコフィードを活用した家畜生産 松﨑  正敏
野菜の機能性の研究と青森野菜の魅力 前田 智雄
8月12日(火) 微生物と農業との関わり 殿内 暁夫
農村の多面的機能 藤﨑 浩幸
8月23日(土) 花と野菜における新しい品種の育成と既存品種の保護 本多 和茂
コメ粉パンに適したコメ粉の適性とは? 濱田 茂樹
9月 6日(土) 農業未利用資源の活用と6次産業化

泉谷 眞実

 

閉講式_26.9.7陸奥新報

2014年9月7日 陸奥新報掲載

この画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです


ページの先頭へ戻る