「ひらめき☆ときめきサイエンス-ようこそ大学の研究室へ」を開催

    弘前大学では9月20日(土)、日本学術振興会が主催するプログラム「ひらめき☆ときめきサイエンス-ようこそ大学の研究室へ」が開催されました。同事業は、大学で行っている最先端の研究を小中高校生に紹介することで、科学の面白さを感じてもらおうと実施しています。

 今回は本学部の高田晃准教授が「フラスコの中でタマネギを育てよう」をテーマに講義を実施し、県内外の高校生18人が参加しました。

 

                                                                          「ひらめき☆ときめきサイエンス」 高田晃先生

                                                                 2014年9月24日 陸奥新報掲載

             この画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る