「ひろだい白神レーダー」開設記念シンポジウムが開催されました

    弘前大学白神自然環境研究所(檜垣大助所長)と同大学大学院理工学部研究科寒地気象研究室(児玉安正室長)は9月27日と28日、弘大文京町キャンパスにある「コラボ弘大」にて、自衛隊以外では県内初となる気象レーダー「ひろだい白神レーダー」の開設を記念したシンポジウムを開催しました。

    「ひろだい白神レーダー」は、今年3月、本大学の理工学部棟屋上に設置され、白神山地を始め津軽地域の気象状況について、気象庁のレーダー(函館・秋田)がカバーできなかったエリアについても観測することができます。

 

                                                     26.9.29東奥17面朝刊 気象レーダー活用 檜垣先生

                                              2014年9月29日 東奥日報掲載

                    この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。

 


ページの先頭へ戻る