20年前に発見した‘ガ’が新種と判明

    チョウやガの研究者で構成する日本鱗翅学会の東北地区自然保護委員長の工藤忠さんと岩手大学大学院連合農学研究科・弘前大学農学生命科学部配属博士課程3年の工藤誠也さんが約20年前に岩木山で発見し、その後2009年から採集したガが新種であることがわかり、10月に発行された日本蛾類学会の学会誌「TINEA」(英文)に掲載され世界に紹介されました。

 この新種のガは「ミチノクスカシバ」と名付けられ、平成26年11月18日(火)東奥日報朝刊では「ミチノクスカシバ」のこれまでの研究について紹介されました。

 

                  「新種のガ」東先生           [

 

                                                        2014年11月18日 東奥日報掲載

                            この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。

 

 


ページの先頭へ戻る