日本生物工学会 北日本支部 弘前シンポジウムが開催されます


日本生物工学会 北日本支部 弘前シンポジウム

農産物の生産環境・生産性・品質改良へ

~生物間相互作用の視点から~


主 催:公益社団法人 日本生物工学会 北日本支部

後援:東北地域バイオインダストリー振興会議(TOBIN)

 

日 時 2016年7月23日(土)13:30~17:35(受付 13:10~)

場 所 弘前大学 農学生命科学部 コラボレーションセンター 8F 会議室
(文京町キャンパス:青森県弘前市文京町3番地)

 

プログラム

13:30~13:35 開会の辞                                             (日本生物工学会北日本支部 支部長)中山  亨

13:35~14:20 「植物での有用遺伝子高発現系とその活用」

(奈良先端科学技術大学院大学バイオサイエンス研究科)加藤  晃

14:20~15:05 「ウイロイド-ノンコーディングRNA病原-の分子構造と病原性」

(弘前大学農学生命科学部)佐野 輝男

15:05~15:15 休憩

15:15~16:00 「モモシンクイガの食害に対するリンゴ果実の防御反応と生活史に及ぼす影響」

(青森県産業技術センターりんご研究所)石栗 陽一

16:00~16:45 「天敵を使った害虫防除技術~より成功率の高いIPMを目指す~」

(石原バイオサイエンス株式会社/石原産業株式会社)森 光太郎

16:45〜17:30 「接ぎ木で行う作物のエピゲノム編集」

(弘前大学農学生命科学部・名誉教授)原田 竹雄

 

17:30~17:35 閉会の辞                                      (日本生物工学会北日本支部 副支部長)田口 精一

 

参加費 無料

懇親会 18:15~ 青森県弘前市坂本町「創作郷土料理の店 菊富士本店」にて開催予定です.

懇親会会費 4,000円(税込)

申込み方法 学会ホームページ(http://www.sbj.or.jp/form/hirosaki_sympo_20160723.html)よりお申し込みください.(シンポジウム参加につきましては当日参加も受け付けますが,懇親会参加につきましては必ず上記URLより事前にお申し込み下さい.)

申込み締切日 7月15日(金)

問合せ先 日本生物工学会北日本支部 担当者

柏木明子(弘前大学)E-mail: kashi_a1@hirosaki-u.ac.jp

園木和典(弘前大学)E-mail: sonoki@hirosaki-u.ac.jp

交通アクセス JR弘前駅より徒歩約20分,JR弘前駅よりバス約15分,JR弘前駅よりタクシー約5分

20160723

 

キャンパス案内(文京町地区)


ページの先頭へ戻る