「曙(あけぼの)みさき」販売について紹介されました

平成28年10月22日(土)の東奥日報で、「曙(あけぼの)みさき」販売の紹介記事が掲載されました。

弘前大学藤崎農場で育成した、さわやかな甘味と香りが特徴の3倍体リンゴ「弘大みさき」は、有袋栽培をすると、果実の上面が赤色、果実の下面が黄色の果皮に仕上がります。

有袋栽培を行った赤い果実と、袋をかけずに栽培した黄色の果実を合わせて赤色と黄色2個セットにすると、果皮のグラデーションが日の出のように見えるため、「曙みさき」の商品名で、平成26年度から総合文化祭で売り出しています。

曙みさきは10月22日(土)総合文化祭の会場にて30箱限定で販売され、好評のうちに完売致しました。

%e3%80%8c%e6%9b%99%e3%81%bf%e3%81%95%e3%81%8d%e3%80%8d%e8%b2%a9%e5%a3%b2%e9%a2%a8%e6%99%af

「曙みさき」販売風景

281022-%e6%9d%b1%e5%a5%a5%e6%97%a5%e5%a0%b1%e3%80%8021%e9%9d%a2

平成28年10月22日 東奥日報掲載

この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る