環太平洋連携協定(TPP)に関する講演会で澁谷教授が解説しました

地方自治や街づくりに関する調査活動を行っている県地方自治研究センターは、平成28年11月21日(月)、青森市の県労働福祉会館で、環太平洋連携協定(TPP)に関する講演会を開催しました。講師の農学生命科学部国際園芸農学科 澁谷長生教授は、TPPが国内農林水産業に与える影響などを参加者40人に解説しました。

このことについて、平成28年11月22日(火)の東奥日報朝刊で紹介記事が掲載されています。

 

     

2016年11月22日 東奥日報掲載

この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る