植物成分のリグニンだけでポリマー原料を効率的に生産する微生物の開発に成功~糖質をまったく使用せずに増殖してムコン酸の生産が可能に~

    弘前大学農学生命科学部 園木 和典 准教授と国立大学法人長岡技術科学大学(学長:東 信彦)大学院工学研究科 政井 英司 教授の研究グループは、木材の主成分であるリグニンだけを用いて、ナイロンやペットボトルなどの原料になるムコン酸を生産する微生物の開発に成功しました。

 

概要は下記URLよりご覧下さい。

http://www.hirosaki-u.ac.jp/wordpress2014/wp-content/uploads/2017/06/20170619.pdf

 

2017年6月20日 東奥日報掲載

この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。

    2017年6月26日 陸奥新報掲載

   この画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る