紅の夢を活用した「美容マスク」が商品化

    弘前大学発のベンチャー企業「ルビー・ディー」は、果肉が赤いリンゴ「紅の夢」を活用した美容液マスクを開発しました。「紅の夢」は弘前大学が育成した新品種のリンゴです。商品開発にあたり、紅の夢を活用した肌の機能性研究については農学生命科学部食料資源学科 前多隼人准教授が行いました。

    このことについて、平成30年1月21日(日)陸奥新報にて紹介記事が掲載されています。

 

2018年1月21日 陸奥新報

    この画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。

無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る