【国際交流】大韓民国 国立江原大学校農業生命科学大学の申学部長らが来訪

 平成30年11月5日に部局間交流協定を締結した,大韓民国国立江原大学校農業生命科学大学の申 孝重学部長,金 大顕副学部長,朴 成敏教授,洪 鎭成教授の4氏が,
平成31年4月17日(火)~19日(金)の日程で来学されました。
国立江原大学校は,韓国国内の地域拠点大学の一つであり,自然科学及び社会科学分野の他,国立大学では数少ない文化芸術学部を有する総合大学で,国際交流も盛んでグローバル人材の育成にも力を入れている大学です。
申学部長らは,17日に,佐々木農学生命科学部長を,18日に佐藤学長をそれぞれ表敬訪問し,大学間交流を視野に入れた今後の連携推進について意見交換を行いました。
 また,市内の小売業店舗及び本学藤崎農場も視察し,研究交流を深めました。
同大学とは,これまで農業経済学分野を中心とした共同調査研究を実施してきましたが,今後は,国際園芸農学科教員との研究交流を中心に他分野の研究交流を進めていくとともに,学部学生・大学院生の相互交流に向け具体的な検討を行うこととなりました。

 

 


ページの先頭へ戻る