国際園芸農学科の泉谷眞実教授が,第10回弘前大学出版会賞を受賞しました。

弘前大学出版会が,これまで出版された作品の中から優れた出版物を選考する第10回弘前大学出版会賞に,本学部泉谷眞実教授らの著書「リサイクル・バイオ燃料が切り拓く新たなビジョン-使用済み食用油のエネルギー利用―」が受賞しました。

 同書は,暮らしの中の身近な存在である「使用済み食用油」が,人と環境に優しく頼もしいエネルギーに生まれ変わる,リサイクル・バイオ燃料事業の最前線について分かりやすく詳述されています。
 家庭,事業者,自治体が手を携えてリサイクル燃料事業を展開するための基礎知識と有益なヒントに満ちあふれた入門書です。

 

◇弘前大学出版会の同書の書籍紹介

https://www.hirosaki-u.ac.jp/hupress/2018/03/4729

 

 

以下は、新聞へ掲載された内容です。

陸奥新報 令和元年6月3日(水)17面

上記の画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る