令和元年度 第1回白神酵母研究会が開催されました

ひろさき産学官連携フォーラム『白神酵母研究会』では,「令和元年度第1回白神酵母研究会」を7月25日,弘前市の土手町コニュニティパークで開催しました。

 弘前大学が,白神山地から採取・分離した「白神酵母」の研究報告や,酵母を活用した酒類の試飲会が行われ,関係者がさらなる発展の可能性を探りました。

 研究報告では,分子生命科学科 殿内 暁夫 教授が「新規白神酵母株の分離と育種及び果実酒醸造における特性」と題し,シードル醸造により有望な株が分離できたことなどを紹介しました。

試飲会では,「純米酒じょっぱり白神酵母No.9仕込み2019新酒」(六花酒造㈱様),「純米酒山助2019新酒」(白神酒造㈱様),「kimoriシードルグリーン」(弘前シードル工房kimori様)の3品が出され,出席者が味わいや香りを確かめながら意見を交わしました。

また,同研究会では,西目屋村の道の駅「津軽白神」との連携により,世界自然遺産 白神山地にて採取された「弘前大学白神酵母」の認知度向上と,活用商品の紹介・販売促進を図るため「道の駅 津軽白神 ビーチにしめや」において「弘前大学白神酵母」PRコーナーを設置しております。同コーナーでは,カネショウ㈱様,弘前シードル工房kimori様,六花酒造㈱様,白神酒造㈱様の白神酵母活用商品を販売しております。

この機会に是非お立ち寄り下さい。
 

【道の駅 津軽白神 ビーチにしめや】  https://www.tsugaru-shirakami.com/

設置期間:令和元年8月31日(土)まで(予定)

営業時間:8時30分~17時(定休日なし)

 

 

以下は,新聞へ掲載された内容です。

 

陸奥新報 令和元年7月26日(金)2面

上記の画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る