学部案内

2016年度、農学生命科学部は グローバルに活躍できる人材育成のため 新5学科に生まれ変わりました。

2016 (平成28) 年度、「食」と「国際化(グローバル化)」というキーワードの基に、
学部の機能強化をはかるため、学部改組をおこないます。
食に関する基本的な知識と国際化に関する科学的な視点を大幅に増加させ、
食品関連産業等で次世代を担う、グローバルに活躍できる人材を育てます。

食とグローバル化を担う新たな5学科構成

旧 農学生命科学部
生物学科 分子生命科学科 生物資源学科 園芸農学科 地域環境工学科
2016年度 新 農学生命科学部
図:2016年度 新 農学生命科学部

2016年度からは、「食」と「国際化(グローバル化)」をキーワードとし、学部改組を行います。地方創生を意識しつつ、食に関する基本知識を持って食産業等にイノベーションを起こせる学生や海外研修等を通じ国際的な農産物の取引に精通した学生を育成します。

これまでの生物資源学科に食品分野の教育コースを新設し、食産業への貢献強化を目的とした「食料資源学科」に改組します。 また、青森県の特産品であるりんごや野菜などの教育や研究を行っている園芸農学科は、地域農産物の輸出を促進する人材養成を目的とした「国際園芸農学科」に改組します。

他の3学科(生物学科分子生命科学科地域環境工学科)も食や国際化に関する科目を大幅に増加させ、次の時代を担うグローバルな人材養成を目指しております。

農学生命科学部の概要

校舎外観

農学生命科学部で学ぶこと。

弘前大学農学生命科学部では、生物資源の開発・利用を図るため、環境調和型の農学やバイオテクノロジーについて学ぶことができます。

また、ライフサイエンスの専門的基礎学力を備え、次世代の生物関連産業創成にむけて、生命のしくみを解明するための学際的、総合的能力を身につけることを目的とします。

さらに、豊かな地域環境づくりに貢献できる、倫理観に満ちた国際性豊かな社会人となることを目指して、自ら課題を設定し、解決できる資質と力量を培います。

学部長あいさつ

写真:佐々木 長市 学部長

弘前大学農学生命科学部は、日本一のりんごの生産量を誇る弘前市に所在しています。弘前市は、日本一の桜の名所と言われている弘前公園を有し、周囲には世界自然遺産に登録された白神山地や十和田八幡平国立公園があり、日本海から太平洋までの海の幸にも恵まれています。また、弘前市は、江戸時代に津軽藩の中心地として栄えた、伝統と文化の薫り豊かな街でもあります。こうした恵まれた場所で4年間あるいは大学院を含めて6年間の青春のひとときを過ごすことができます。
 21 世紀は人口の爆発的な増加や食料不足そしてこれらの双方が環境へ及ぼす影響が世界規模で懸念されております。特に、地球の温暖化は我々の健康から生活空間そして食料へと計り知れない影響を及ぼし、各学問分野で解決に向けた取り組みが積極的に実施されております。農学や生命科学は幅広い領域の課題解決に貢献し、21世紀のイノベーションを起こす学問として注目を浴びておりますが、本学部は、農学と生命科学を柱とし、それらを融合した新しい学問領域を構築し、様々な課題の解決に向けて取り組んできております。

本学部は、こうした背景のもと、地域の中核大学として地域貢献を学部のミッションとし、地域の要望を汲み上げ、平成28年度から「食」と「国際化(グローバル化)」と言うキーワードの基に学部の機能強化をするため学部改組をおこないました。特に、既存の2学科を大きく改組しました。これまでの学部は、生物学科、分子生命科学科、生物資源学科、園芸農学科と地域環境工学科の5学科からなります。生物資源学科は食品分野の教育コースを新設し、食産業への貢献強化を目的とした「食料資源学科」に、園芸農学科は、地域農産物の輸出を促進する人材養成を目的とした「国際園芸農学科」に改組しました。他の3学科も食や国際化に関する科目を大幅に増加させ、次の時代を担うグローバルな人材養成を目指しております。
 21世紀は、環境の時代と言われております。農学の面から環境や人間の健康が議論される新時代であり、農学のカバーする範疇はかなりの広がりを持って捉えられてきております。また、生命科学の分野の発展も著しく農学に大きなイノベーションをもたらすことが期待されております。本学部は、こうした学問の基礎から応用までを幅広く身につけ、新時代を切り開き、活躍する意欲と熱意を持った学生を求めております。

弘前大学農学生命科学部長 佐々木 長市

住所・交通アクセス

所在地 〒036-8561 青森県弘前市文京町3

お問い合わせ先

弘前大学農学生命科学部

住所 〒036-8561 青森県弘前市文京町3
電話 0172-39-3748(代表)
ページの先頭へ戻る