【重要・COVID-19】 新入生・在学生の皆さんへ(農学生命科学部・農学生命科学研究科)

令和2年4月1日 

 

農学生命科学部長・農学生命科学研究科長 佐々木 長市

 

 

新型コロナウイルス感染症の感染予防に備えるためにさまざまな対応が進められています。現時点では、どなたであってもすでに感染している可能性や、症状が出ていなくても他者に感染させることの可能性を否定できません。学生の皆さんは、自分自身の感染を避けるための、また他者に感染させることを避けるための行動を取ってください。皆さんの軽率な行動が、尊い命を亡くすことに繋がる可能性のあることを理解してください。

帰省を含む旅行など居住地域を越えての移動は、感染や感染を広げることのリスクを高めるとともに、万一感染した場合には感染源を特定することを難しくします。発熱等の風邪症状が少しでも見られるときや体調に不安があるときは、外出を控えて自宅で健康観察を行ってください。

 

令和2年度の授業開始日は、4月23日木曜日からとします。ガイダンスから授業開始日までの期間は、別に指示する方法により皆さん自身で自らの健康状態を観察し、自らの感染や他者に感染させることのおそれが小さいことを確認するための期間としてください。皆さんの適切な行動が、重篤な感染者を一人でも少なくすることに繋がることを、また皆さんの軽率な行動が、尊い命を亡くすことに繋がる可能性のあることを重ねて理解して下さい。授業の開始後は、皆さん自らが感染してしまったために、あるいは必要な健康観察のために出席することができなかった場合に出席扱いとする等の対応をします。

 

農学生命科学部・農学生命科学研究科では、原則土曜日は授業を行わないこととします。講義回数が 15 回に満たないことについては別途配慮します。講義実施の方法についても、遠隔授業の可能性等を含めて検討しています。これらについては別途お知らせします。

 

大学からの情報は、弘前大学ホームページ、農学生命科学部ホームページに掲載しています。

 

◯日本国外に滞在中の留学生の皆さんへ

日本国外から日本への入国後は公共交通機関を利用できないことを意識し、日本国内への移動を避けてください。入国が可能になった後は、自宅や指定された場所で健康状態の観察を行ってください。日本への入国ができないために、また健康状態の観察のために授業に出席できない場合には、出席として取り扱う等の対応をします。

 

〇就職活動中の皆さんへ

やむを得ず長距離の移動をする場合には、できるだけ人混みを避けること、マスクの着用や手洗いの励行等、感染予防に特に注意して対応してください。健康状態を注意深く観察してください。

 

以上


ページの先頭へ戻る