「ピンク色のノハナショウブ変異体に関する調査研究」が陸奥新報に掲載

 自生地が激減し絶滅も危惧されるノハナショウブの調査研究を共同で行う弘前大学と玉川大学,鳥取大学は中泊町で花びらがピンク色の変異体を発見しました。
 
ピンク色の花色の変異は大変珍しく,全国でも下北地方に2例の発見例があるのみで,津軽地方では初めての発見になります。
 
松本和浩助教らは,このピンクの変異体を「つがるの藤姫」と命名し,中泊町や津軽地方の特産品として育てていくと共に,花色変異の発生メカニズムの解明や新品種の育成などの研究を行っていく予定です。
 

 

     この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。

 

 


ページの先頭へ戻る