県産干しナマコのネット販売を7月から試験的に開始

    弘前大学ナマコ研究センターは今年7月から、中国での本県産干しナマコのインターネット販売を試験的に始めます。中国側のネット事業者と提携する形を取り、ホームページでは日本で生産される干しナマコが天然ものであること、衛生管理を徹底していることを強調し、本県産については「黒金剛」という商品名で浸透を図ります。

     5月30日には、ラ・プラス青い森にて、青森市の漁業団体や食品企業などでつくる「あおもりナマコブランド化協議会」(会長:澁谷長生弘前大学教授)の本年度1回目の会合が開かれ、澁谷会長が海外での販路拡大策として明らかにしました。この会合では、ナマコを活用した試作商品として、ナマコ粉末を混ぜ込んだラーメンも披露され、出席者からは「歯触りがよく、話題性に期待できる」などの声が聞かれました。

 

                                                                        東奥日報26.5.31 5面(ナマコのネット販売)

 

                                             東奥日報平成26年5月31日掲載

           この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したです


ページの先頭へ戻る