白神酵母研究会が行われました

    弘前大学白神酵母の活用を探るひろさき産学官連携フォーラム「白神酵母研究会」(会長:櫛引利貞カネショウ社長)は7月24日、弘前市土手町コミュニティパークにて本年度1回目の研究会を開催しました。研究会には弘前大学、県産業技術センター、津軽地区の17事業者、弘前市から約20人が出席し、これまでの研究内容の報告や、白神酵母を使って試作したパンの試食を行い、10月の津軽の食と産業まつりで試作品の展示を行うことを申し合わせました。

    弘前大学白神酵母は、本学部の殿内暁夫准教授が2011年に白神山地の樹木皮や腐葉土から分離・選抜した天然酵母で、カネショウのりんご酢や弘前シードル工房kimori(きもり)のシードルが商品化されました。このほか、ラグノオがパンを試作中であり、県内の4社が清酒の醸造を検討しています。

                                                                   7.25東奥4「白神酵母研究会」

                                                                2014年7月25日 東奥日報掲載

                                   この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。

 

                                                                  7.25陸奥2「白神酵母研究会」

                                                               2014年7月25日 陸奥新報掲載

      この画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る