「フルーツバター」販売戦略立案への取り組み

    本学部の国際農業・食料経済研究室(石塚哉史准教授)の学生が平川市の木村食品工業(木村清和社長)と共に取り組んでいる新商品「フルーツバター」の商品化について、8月10日東奥日報朝刊で取り上げられました。この商品は、8月20日東京で開かれる「アグリフードEXPO2014」でバイヤーらにPRする予定です。

 「フルーツバター」はリンゴ・パイン・モモの3種類で、既に一部の観光施設で販売しています。今後は秋をめどにスーパーなどでも発売する予定です。

 

                                                                「フルーツバター販売戦略」 石塚先生

 

                                                               2014年8月10日 東奥日報掲載

                                  この画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです


ページの先頭へ戻る