公開講座「リンゴを科学する」が紹介されました

 平成26年11月30日(日)の東奥日報及び陸奥新報で,公開講座「リンゴを科学する」の模様が紹介されました。
 本講座は附属生物共生教育研究センターと弘前市との共催で開催しており,弘前市との共催は今回で5回目となります。
 今回はリンゴの健康効果に関する基調講演や弘前大学藤崎農場育成品種の紹介や,リンゴ生産者・加工業者,種苗業者等の方々を交えてこれからのリンゴ産業のあり方を討論するパネルディスカッション,リンゴ及びリンゴ加工品を食べながら講師の先生方と懇談できるポスターセッション等を通じて,100人あまりの来場者の方々と共にリンゴへの知識や親しみを深め,リンゴ産業の将来について考えました。

141130東奥18面リンゴを科学する

2014年11月30日 東奥日報掲載

この画像は当該ページに限って東奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。

141130陸奥2面リンゴを科学する

2014年11月30日 陸奥新報掲載

この画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る