地域資源利活用センター シンポジウムを開催

 地域資源利活用センターは、3月6日(金)シンポジウムを開催しました。橋本勝センター長の開会挨拶に始まり、青森県産業技術センターりんご研究所の赤田朝子品種開発部長から「青森県のりんご品種の変遷と品種開発研究」と題してお話いただきました。その後のポスターセッションの時間では、りんご研究所育成の新品種の紹介もあり、活発な情報交換が行われました。引き続き、生物資源学科の原田竹雄教授が「私の分子遺伝学的研究」と題して、長年の研究活動について講演しました。

 地域資源利活用センターでは、今後もこのようなシンポジウムを開催し、共同研究を推進することにより、地域とのマッチングを図っていきます。

       ★P1040645-1  ★P1040651

 

      ★P1040658   ★P1040662


ページの先頭へ戻る