「卒業生の社会での活躍について」の講演会を開催しました

 農学生命科学部では、農学生命科学部及び農学部卒業生の社会での活躍を保護者、学生、教職員に広く知っていただくことにより、学生の進路の検討や、有意義な大学生活につなげていただくことなどを目的として、「卒業生の社会での活躍について」の講演会を令和元年10月26日(土)に、農学生命科学部403講義室において開催いたしました。
 今回は、1982年3月に農学部農学科を卒業され、現在、山形県村山総合支庁産業経済部農業技術普及課 農林技監(兼)農業技術普及課長である結城和博氏を講師にお迎えし、『「つや姫」「雪若丸」の育成とブランド化戦略』と題し、ご講演いただきました。
 結城氏は、講演において、農学部在籍時から就職までのこと、また、就職後に「つや姫」も含め、水稲新品種の育成に携わってこられたことや、新品種の命名、ブランド化の方針などのお話しをされ、参加された農学生命科学部学生の保護者、教職員、学生約60人が熱心に聞き入っていました。

 

 


ページの先頭へ戻る