【プレスリリース】桜(ソメイヨシノ)の花がピンク色に色づく仕組みを解明

   国際園芸農学科 荒川 修教授の研究グループが弘前市との共同研究によって,桜(ソメイヨシノ)の花が着色する仕組みについて研究をまとめ,2019年12月12日に国際園芸学会誌「Scientia Horticulturae 」(263巻,電子版)に掲載されました。

 

詳細はこちら 

 

以下は,新聞へ掲載された内容です。

東奥日報社 令和2年1月7日(火)18面

上記の画像は当該ページに限って東奥日報社が利用を許諾したものです。
無断転載はできません。

 

陸奥新報社 令和2年1月7日(火)3面

上記の画像は当該ページに限って陸奥新報社が利用を許諾したものです。
無断転載はできません。


ページの先頭へ戻る