ホリデイ・トレッキング・クラブ

あなたも参加しませんか?

こんなメンバーです

楽しく活動しています。

topbg_top.png

topbg_bot.png

topbg_top.png

REPORT

案内ポスター.pdf2016.03.04
地域資源利活用研究センターは平成28年3月4日シンポジウムを開催しました。シンポジウム シンポジウムは、青森県立保健大学健康科学部・岩井邦久教授の「青森県の地域食資源を掘り起こす!日本一の特産品から知名度の低い地域食材まで、機能性研究と利用の紹介」と題したご講演に始まり、本学部教員と青森県産業技術センター職員によるポスターセッションの時間を挟んで、北里大学獣医学部・有原圭三教授から「ペプチドの特性を生かした 美味しくて体に良い食品の開発」と題してご講演いただきました。 地域資源利活用研究センターでは、今後もこのようなシンポジウムを開催し、共同研究を推進することにより、地域とのマッチングを図っていきます。


fd87f1e2d0facb9dac4de34471c4bccd-184x280.jpg2016.02.08
産学官の研究組織「白神酵母研究会」(会長・櫛引利貞カネショウ代表取締役)は,今年度第2回目の研究会を2月2日に開催しました。殿内暁夫准教授が「弘前大学白神酵母」の利用拡大に向けての取組について報告したほか,農学生命科学研究科1年森山裕理子さんが,白神山地から分離した酵母の清酒酵母としての可能性について,これまでの研究成果を発表しました。研究会の様子は翌日の東奥日報、陸奥新報、NHKで報道されました。


topbg_bot.png