赤田辰治(Shinji AKADA)

所属及び連絡先

略歴

  • 1956年 5月生まれ
  • 1981年 信州大学理学部生物学科卒業
  • 1983年 名古屋大学大学院農学研究科博士課程前期修了
  • 1986年 名古屋大学大学院農学研究科博士課程後期修了
  • 1986年 米国メリーランド大学農学バイオテクノロジーセンターポストドク研究員
  • 1993年 弘前大学遺伝子実験施設助教授
  • 1994年 岩手大学大学院連合農学研究科副指導教官
  • 2001年 岩手大学大学院連合農学研究科主指導教官

学位

農学博士(1986年,名古屋大学)

専門分野及び研究概要

  • 植物分子生物学
    • 植物に特有の代謝産物であるフラボノイドは紫外線防御、花色発現、抗菌作用、根粒菌の共生誘導等の様々な生理現象に関与している。この代謝経路にあたる遺伝子を解析し、それぞれの生理現象を分子レベルで解明する。
    • フラボノイド等の有用物質生産に関わる遺伝子を利用して、紫外線耐性植物の作出や農作物への窒素固定能の導入等の研究開発を行う。
    • 白神山地におけるブナの遺伝子的多様性をDNAマーカーを用いて調査し、原生林の保全に役立てる。
  • キーワード

    植物の遺伝子・DNAマーカー・紫外線・窒素固定・ダイズ・ブナ・白神山地

    論文

    • Organizaiton of chalcone synthase gene clusters and characterization ofa new member of the family.(共著,Plant Mol Biol 29: 189-199, 1995 年)
    • Enhanced expression and differential inducibility of soybean chalcone synthase genes by supplemental UV-B in dark-grown seedlings.(共著,Plant Mol Biol 39: 785-795, 1999年)
    • Molecular cloning and characterization of a subfamily of UV-B responsive MYB from soybean.(共著,Breeding Science 50: 81-90, 2000年)
    • Isolation of a subfamily of genes for MYB transcription factors showing up-regulated expression under nitrogen nutrient limited conditions. (共著, A Plant Mol Biol, in press)

    参加学会

    • 日本育種学会
    • International society for plant molecular biology
    • American society of plant biologists
    • 各種利用申請書
    • 施設利用方法

    弘前大学農学生命科学部附属
    遺伝子実験施設

    所在地
    〒036-8561
    青森県弘前市文京町3
    連絡先
    TEL: 0172-39-3891
    FAX: 0172-39-3894
    MAIL: grc@hirosaki-u.ac.jp
    アドレスが変わりました

    お問い合わせはこちら