日本技術者教育認定機構(JABEE)の認定制度

経済のグロ-バル化に伴い、各国間の技術者の自由な移動による技術移転を図り、経済の発展基盤づくりを進めるために、技術者資格を国際間で相互承認する仕組みが世界の3つの地域(北米では、NAFTA,ヨ-ロッパではFEANI,アジアではAPEC)で構築されています。このような情勢を受けて、日本においても技術者教育の質の改善と、国際的に通用する技術者資格の教育的基礎を確立することを目的として、1999年11月に任意団体の日本技術者教育認定機構(JABEE:Japan Accreditation Board for Engineering Education)が発足しました。

JABEEの目標とするところは、「大学など高等教育機関で実施されている技術者教育プログラムが、社会の要求水準を満たしているかどうか、を外部機関が公平に評価し、要求水準を満たしている教育プログラムを認定する専門認定制度」を確立することです。

技術者教育といっても、その分野は極めて広範囲なものです。現在では14の分野で各学会が担当して制度を立ち上げ、各分野で必要な技術・要件などの整理を行っています。我々のプログラムは、それらの分野の内「農業工学関連分野」を対象にしています。

JABEEの認定を受けるためには、その教育プログラムが対象としている分野での要件を満たすことのほか、下記の基準を満たしていることが必要です。

基準1 学習・教育到達目標の設定と公開
基準2 教育手段
2.1 教育課程の設計
2.2 学習・教育の実施
2.3 教育組織
2.4 入学、学生受け入れ及び異動の方法
2.5 教育環境・学生支援
基準3 学習・教育到達目標の達成
基準4 教育改善
4.1 教育点検
4.2 継続的改善

これらの基準の中で、基準1については既に説明しました。ここでは基準2の学習・教育の量について説明します。JABEEの基準では、次のように示されています。

  1. 教育課程(カリキュラム)は、4 年間にわたる学習・教育で構成され、当該分野にふさわしい数学、自然科学及び科学技術に関する内容が全体の60%以上であること。
  2. 教育内容には、数学及び自然科学(物理学、化学、生物学、地学を主たる内容とする複数科目)、並びに農業農村工学領域(農業土木など)、農業環境工学領域(農業気象・生物環境、生物生産システム・食料システム、農業情報・生物環境情報、農業機械・農作業システムなど)、あるいはこれらの融合した領域のいずれかに関わる体系的な科目群を含むこと。

本カリキュラムでは、これらの時間を満足する内容となっています。なお、予習・復習・レポート作成等の自己学習を行うことが、授業の理解を高めるのに重要です。

先にも述べましたが、当農業土木コースはJABEE基準の技術者教育プログラムとして認定されていますので、当コースの卒業生は、技術士第一次試験が免除される修習技術者の資格が与えられます。そして技術士補となるには、補助しようとする技術士の証明書を添えて(財)日本技術士会に登録する必要があります。さらに、技術士第二次試験の受験資格を得るには、技術士補の資格を得た後4年間以上の実務経験を積むか、優れた監督者の指導の下で実務経験を4年以上積むか、7年以上の業務経験があることが必要で、この第二次試験に合格し、登録手続きを行うことで技術士となることができます。その仕組みを下図に示します。

JABEE基準の技術者教育プログラム