日本農芸化学会2019年度大会でランチョンセミナーを行いました。

Wavefunction社の分子モデリングソフト、Spartan'18では、NMR化学シフト予想の機能が充実しました。
セミナーでは、本機能について開発者Warren Hehreがどのように開発してきたか、また期待できる精度や、簡便化された計算方法について、ユーザーの立場から紹介しました。


また、参加した日本農芸化学会では松本さんが優秀発表賞に選ばれました。
写真は、ポスター修了後の記念写真です。