エキソサイトーシス ( 吐細胞現象 )

エキソサイトーシス ( 吐細胞現象 ) は エンドサイトーシス ( 飲食作用 ) の逆の現象である。

マクロファージ のような活動的な細胞では, 30 分くらいで自身の細胞膜量に匹敵する程の細胞膜を細胞内に取り込んでしまう。

この電子顕微鏡写真はポリスチレン粒子を取り込んでいる食細胞を示す。いくつかの粒子は既に食胞の中に取り込まれている。

したがって,細胞は細胞膜量を元に戻す機構をもっているはずであり,エキソサイトーシスがその役目を果たしている。

エキソサイトーシスの過程

膜に囲まれた小胞が細胞表面へ移動する。そこで,細胞膜と融合して,以下のことが起こる:

吐き出される小胞はいくつかの方法で形成される:

いくつかの細胞は分泌のために特化している。例えば,大量のタンパク質を分泌する細胞では,タンパク質がゴルジの装置によって形成された特別な分泌顆粒内に蓄積する。これらは細胞表面へ動き,その内容物を放出する。

例:


前ページへの移動はWebメニューの戻るを利用してください
April 1, 2010 17:24 2010/04/01