下垂体のホルモン

このページの内容
下垂体前葉
  1. 甲状腺刺激ホルモン ( TSH )
  2. ゴナドトロピン
  3. プロラクチン ( PRL )
  4. 成長ホルモン ( GH )
  5. 副腎皮質ホルモン刺激ホルモン ACTH
下垂体後葉


内分泌腺の模式図はこちら
視床下部と下垂体の位置を示す模式図はこちら

ヒトの場合,脳下垂体は間脳の視床下部から細い下垂体茎によってぶら下がり,頭蓋底の正中線上にあるトルコ鞍 ( ぐら ) の上にのっている。

重さ約 0.6 g ,前後長 8 - 9 mm ,幅 10 - 14 mm ,高さ約 8 mm の楕円体の内分泌器官で,他の脊椎動物の場合と同じく,由来を異にする 2 つの部分,

から成る。

下垂体のホルモンと機能

下垂体前葉
The Anterior Lobe


下垂体前葉からは数種類のホルモンが分泌されている。それらのすべては 視床下部 hypothalamus から分泌されるホルモンの支配を受けている。

すなわち,成長ホルモン,プロラクチン,副腎皮質刺激ホルモン,甲状腺刺激ホルモン,卵胞刺激ホルモン,黄体形成ホルモンである。
このほか最近の説ではリポトロピン,エンドルフィン,エンケファリンも分泌されるという。


下垂体ホルモンの機能

甲状腺刺激ホルモン
Thyroid Stimulating Hormone ( TSH )

TSH ( thyrotropin とも呼ばれる ) は糖タンパク質 glycoprotein で, からなる。

a サブユニットは他の 2 つの下垂体ホルモン,FSH と LH のものと同じであることが分かっている。すなわち,b サブユニットが TSH の特異的な機能を与えていることになる。

TSH の分泌は,

名前が示すとおり,TSH は甲状腺を刺激して次のホルモンを分泌する。 これらは,甲状腺の細胞表面にある膜貫通型の G-タンパク質結合受容体 ( GPCR ) に結合して,生物学的な活性が誘起される。

甲状腺ホルモンは特定の標的器官はなく,全身の細胞膜を通過してその生物学的作用を発揮する。細胞の酸素消費量の増加,糖質,脂質,タンパク質の代謝促進,心拍出量の増加,神経の興奮,また成長,分化の促進をする。

オタマジャクシの変態を促進することは有名である。また多くの重要な酵素活性に影響を与え,生体には必須のものである。

自分自身の TSH 受容体に対する抗体ができてしまうことがある。これが結合した場合,細胞はホルモンが結合した時のように反応して T3 と T4 を多量に生産してしまい,甲状腺機能亢進症の状態になる。

ホルモン分泌低下

また甲状腺機能が不全となると,ホルモン T4 と T3 の分泌が減少し,血中チロキシン濃度が低下し,甲状腺機能低下症の状態となる。

最近,この治療に 遺伝子組み換えヒト TSH が利用されるようになってきた。

TSH 受容体の突然変異のために, 甲状腺機能低下症の状態となることも知られている。



サブユニットの特徴

卵胞刺激ホルモン
Follicle-Stimulating Hormone ( FSH )

ヒトの FSH は分子量約3万5000,二量体の糖タンパク質である。 FSHの合成と放出は,視床下部から分泌される ゴナドトロピン放出ホルモン ( GnRH ) によって制御される。FSH の効果は性によって異なる。

雌 ( 女性 ) における FSH の働き

成熟した雌では,FSH ( LH との共同で ) は卵巣に働いて 卵胞 の発育を促し,エストロジェン の分泌を刺激する。

雄 ( 男性 ) における FSH の働き

成熟した雄では,FSH は 精巣の 精祖細胞 spermatogonia に作用し,( テストステロン と協力して ) 精子生産を刺激する。


黄体形成ホルモン
Luteinizing Hormone ( LH )

LH は性腺刺激ホルモン放出ホルモン ( ゴナドトロピン,GnRH ) の影響下で FSH と同じ下垂体前葉細胞で合成される。 LH は分子量約3万,二量体の糖タンパク質である。 LH の効果も性によって異なる。

雌 ( 女性 ) における LH の働き

成熟した雌では,LHは以下の機能を持つ。

雄 ( 男性 ) における LH の働き

LH は 精巣 testis の間質細胞に作用し,男性ホルモン テストステロン testosterone の合成と分泌を刺激する。

このため,雄における LH は 間質細胞刺激ホルモン interstitial cell stimulating hormone ( ICSH ) とも呼ばれる。



プロラクチン
Prolactin ( PRL )

ヒトのプロラクチンは分子量約2万2000,198個のアミノ酸からなるタンパク質である。

妊娠中に,泌乳のための準備に関与する。

分娩後は乳汁の合成を促進するよう働く。

プロラクチンの分泌は,

動物では黄体維持作用や水電解質に及ぼす作用があるが,ヒトでは明らかでない。


成長ホルモン
Growth Hormone ( GH )

成長ホルモン ( ソマトトロピン somatotropin とも呼ばれる ) は 191 個のアミノ酸からなるタンパク質である。

視床下部からの成長ホルモン放出ホルモン ( GHRH ) の間欠的な刺激によって,成長ホルモンの合成と分泌が促される。 成長ホルモンは以下の働きによって身体の発育を促す。

下垂体機能異常

ホルモン補充療法

最近,組み換え DNA 技術による GH 製剤が利用できるようになり,分泌不全の患者に対する治療への利用が始まっている。

また,一方では治療の必要がない子供にも投与して,背を高くさせたいとする両親の強い希望も寄せられているようである。

米FDA、低身長の子への成長ホルモン投与を認可 2003年7月

副腎皮質刺激ホルモン
ACTH - adrenocorticotropic hormone

ACTH は 39 個のアミノ酸からなるペプチドである。

副腎皮質に働いて副腎皮質ホルモンの合成と分泌を促す。ストレスから体を守る働きをするホルモンで,動物がストレスに出会った場合,このホルモンの分泌が増加して副腎皮質ホルモンの分泌が盛んになる。

ACTH は以下の細胞に働く。 副腎皮質に作用し,以下の分泌を盛んにする。

ACTH の生産は視床下部からの副腎皮質刺激ホルモン放出因子corticotropin-releasing hormone ( CRH ) の間欠的な分泌によって刺激される。

副腎皮質から分泌されているコルチゾールの慢性の過剰状態が続いた場合に発症する疾患としてクッシング病 Cushing's disease が知られている。



下垂体後葉 Posterior Lobe

下垂体後葉ホルモンの機能 下垂体の後葉からは 2 種類のホルモンが分泌される。

ただし,視床下部にある視索上核や室旁核の神経細胞で産生されたホルモンが,後葉にまでのびた神経突起の中を下降し貯留されたもので,刺激に応じて分泌される。


前ページへの移動はWebメニューの戻るを利用してください
April 6, 2019