教員紹介

NO IMAGE

中島 晶 なかじま あきら

  • 英語表記 Akira Nakajima
  • 職名 教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 食料資源学科
  • 専門分野 食品安全生理学
  • email anakajim [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39-3787

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

私たちの研究室では、食品に含まれる内分泌かく乱物質などの化学物質の脳神経系に対する影響について研究しています。また、アルツハイマー病などの中枢神経疾患の予防・治療に効果のある食品成分の探索を行っています。
近年、認知症や生活習慣病の罹患率の増加や医療費の高騰を背景に、これら疾患を予防し健康寿命を延ばすことが重要な課題となっています。本研究室では食品研究に薬理学的視点を取り入れ、食品成分の有効性および安全性について科学的なエビデンスを提供することを目的に研究を進めていきます。


研究テーマ

[研究分野] 食品毒性学、薬理学
 
[研究内容] 
1. 内分泌かく乱物質の脳神経系への影響の解明
テトラブロモビスフェノール-Aなどの臭素系難燃剤は現在広く用いられていますが、内分泌かく乱作用と共にその暴露による脳神経系への影響が懸念されています。本研究では、食品を含む環境中に存在する臭素系難燃剤の脳内ドーパミン神経系への影響について研究しています。脳内ドーパミン神経系はパーキンソン病、統合失調症や薬物依存などと関連の深い神経系です。
 
2. アルツハイマー病などの認知症に対する予防・治療薬の食品成分からの探索
本格的な超高齢社会を迎え、アルツハイマー病などの認知症に対する予防・治療薬の開発が社会的要請です。本研究では、食品成分から認知症予防・治療薬となり得る候補化合物の探索を行っています。
これまでに、柑橘類果皮の成分であるフラボノイド化合物ノビレチンが、種々の認知症モデルマウスにおける記憶障害やアルツハイマー病で見られる神経病理学的変化を改善することを明らかにしています。これらノビレチンの抗認知症作用に関する研究成果は世界的に注目されており、アミロイド前駆体タンパク質トランスジェニックマウスにおけるノビレチンの有効性を示した論文 (J Pharmacol Exp Ther, 2008年)の被引用回数は2017年時点で100回を超えています。また、フィトケミカルの中枢神経疾患に対する保護効果に関する専門書に、編集者の米国オハイオ州立大学の研究者より依頼を受け、ノビレチンの抗認知症作用について概説しています(著書, 2017年)。
 
みかんの皮
ノビレチン

略歴

1997年 3月 名古屋大学工学部 卒業
1999年 3月 名古屋大学大学院工学研究科修士課程 修了
2003年 3月 名古屋大学大学院医学系研究科博士課程 修了 博士(医学)の学位取得
2003年 6月 米国シカゴ大学医学部・リサーチアソシエイト
2005年 6月 東北大学大学院薬学研究科・助手
2007年 4月 東北大学大学院薬学研究科・助教
2009年11月 名古屋大学大学院医学系研究科・特任講師
2012年 4月 名古屋大学大学院医学系研究科・講師
2017年 4月 弘前大学農学生命科学部・教授


業績

研究業績(過去5年)

原著論文

  1. Nakajima A, Sato H, Oda S, Yokoi T (2017) Fluoroquinolones and propionic acid derivatives induce inflammatory responses in vitro. Cell Biol Toxicol. in press. doi: 10.1007/s10565-017-9391-z.
  2. Oda S, Shirai Y, Akai S, Nakajima A, Tsuneyama K, Yokoi T (2016) Toxicological role of an acyl glucuronide metabolite in diclofenac-induced acute liver injury in mice. J Appl Toxicol. 37:545-553.
  3. Nakajima A, Oda S, Yokoi T (2016) Allopurinol induces innate immune responses through mitogen-activated protein kinase signaling pathways in HL-60 cells. J Appl Toxicol. 36:1120-1128.
  4. Oda S, Matsuo K, Nakajima A, Yokoi T (2016) A novel cell-based assay for the evaluation of immune- and inflammatory-related gene expression as biomarkers for the risk assessment of drug-induced liver injury. Toxicol Lett. 241:60-70.
  5. Nakajima A, Aoyama Y, Shin EJ, Nam Y, Kim HC, Nagai T, Yokosuka A, Mimaki Y, Yokoi T, Ohizumi Y, Yamada K (2015) Nobiletin, a citrus flavonoid, improves cognitive impairment and reduces soluble Ab levels in a triple transgenic mouse model of Alzheimer’s disease (3XTg-AD). Behav. Brain. Res. 289:69-77.
  6. Nakajima A, Ibi D, Nagai T, Yamada S, Nabeshima T, Yamada K (2014) Induction of interferon-induced transmembrane protein 3 gene expression by lipopolysaccharide in astrocytes. Eur. J. Pharmacol. 745:166-175.
  7. Yamada S, Nagai T, Nakai T, Ibi D, Nakajima A, Yamada K (2014) Matrix metalloproteinase-3 is a possible mediator of neurodevelopmental impairment due to polyI:C-induced innate immune activation of astrocytes. Brain. Behav. Immun. 38:272-282.
  8. Cheng L, Hattori E, Nakajima A, Woehrle NS, Opal MD, Zhang C, Grennan K, Dulawa SC, Tang YP, Gershon ES, Liu C (2014) Expression of the G72/G30 gene in transgenic mice induces behavioral changes. Mol. Psychiatry. 19:175-183.
  9. Nakajima A, Aoyama Y, Nguyen TY, Shin EJ, Kim HC, Yamada S, Nakai T, Nagai T, Yokosuka A, Mimaki Y, Ohizumi Y, Yamada K (2013) Nobiletin, a citrus flavonoid, ameliorates cognitive impairment, oxidative burden, and hyperphosphorylation of tau in senescence-accelerated mouse. Behav. Brain. Res. 250:351-360.
  10. Kawahata I, Yoshida M, Sun W, Nakajima A, Lai Y, Osaka N, Matsuzaki K, Yokosuka A, Mimaki Y, Naganuma A, Tomioka Y, Yamakuni T (2013) Potent activity of nobiletin-rich Citrus reticulata peel extract to facilitate cAMP/PKA/ERK/CREB signaling associated with learning and memory in cultured hippocampal neurons: identification of the substances responsible for the pharmacological action. J. Neural. Transm. 120:1397-1409.
  11. Ibi D, Nagai T, Nakajima A, Mizoguchi H, Kawase T, Tsuboi D, Kano SI, Sato Y, Hayakawa M, Lange UC, Adams DJ, Surani MA, Satoh T, Sawa A, Kaibuchi K, Nabeshima T, Yamada K (2013) Astroglial IFITM3 mediates neuronal impairments following neonatal immune challenge in mice. Glia. 61:679-693.
  12. Abe T, Kanemitu Y, Nakasone M, Kawahata I, Yamakuni T, Nakajima A, Suzuki N, Nishikawa M, Hishinuma T, Tomioka Y (2013) SLC10A4 is a protease-activated transporter that transports bile acids. J. Biochem. 154:93-101.

 

著書

  1. Nakajima A. Ohizumi Y. Yamada K. (2017) Effects of Nobiletin in Animal Models of Cognitive Impairment, in Neuroprotective Effects of Phytochemicals in Neurological Disorders (eds T. Farooqui and A. A. Farooqui), chapter 21, p421-433, John Wiley & Sons, Inc., Hoboken, NJ, USA.

研究室・ゼミ

培養神経細胞やマウス、ラットといった小動物を用いて研究を進めます。
認知症、うつ病、統合失調症などの中枢神経疾患の予防・治療など健康長寿社会の実現に貢献する研究を進めたいメンバーを募集しています。
興味のある方は気軽にメールでご連絡下さい。


キーワード :
2017年5月23日 更新

中島 晶 Akira Nakajima

ページの先頭へ戻る