教員紹介

NO IMAGE

曽我部 篤 そがべ あつし

  • 英語表記 Atsushi Sogabe
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 生物学科
  • 専門分野 動物生態学
  • email atsushi.sogabe [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 3950

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

一見奇妙に思える動物の行動や生活史、形態の機能を、その動物をとりまく物理的・社会的環境に対する適応進化の産物としてとらえる行動生態学の視点で研究しています。魚類など水棲動物を研究対象として、配偶システムや性淘汰、個体認識、寄生などをテーマに研究を進めています。野外観察や水槽飼育実験など伝統的な行動学の研究手法に加え、分子遺伝解析や組織・生理学的手法も駆使して、動物行動の「なぜ?」に迫っていきます。


研究テーマ

1)ヨウジウオ科魚類の配偶システム進化と性淘汰に関する研究

ヨウジウオ科魚類には一夫一妻、一妻多夫、乱婚など様々な配偶システムがみられ、また性役割が逆転し、雌に性的形質が発達する種が存在するため、配偶システム進化と性淘汰研究のモデル生物として注目されています。配偶システムの地理的種内変異とその要因、配偶システムの多様化と系統的制約、一夫一妻種におけるペアボンド維持の至近的機構などを研究しています。

H.abdominalis_256

2)魚類の社会脳に関する研究

動物の繁殖行動は、生態的・社会的環境の変化に応じた可塑性を示すことが分かっています。魚類が高い社会認知能力を持つことが近年報告されていますが、彼らは何を手がかりに社会環境を認識しているのでしょうか?ヨウジウオ科魚類やハゼ科魚類を材料に、個体認識に基づいた社会認知と社会環境に応じた適応的な繁殖行動調整について研究しています。

pb040978_256

3)その他にも、人為移入魚の局所適応や魚類寄生虫ウオノエの系統進化など、さまざまな研究を進めています。

uonoe_256


略歴

2007年3月 愛媛大学大学院理工学研究科博士後期課程 修了 (理学博士)

2007年4月-2007年12月 愛媛大学沿岸環境科学研究センター 技術補佐員

2008年1月-2009年3月 愛媛大学沿岸環境科学研究センター GCOE研究員

2009年4月-2012年3月 日本学術振興会特別研究員PD (受入れ機関:広島大学)

2012年4月-2015年6月 東北大学浅虫海洋生物学教育研究センター 助教

2015年7月-現在 弘前大学農学生命科学部生物学科 動物生態学研究室 助教


業績

1) Sogabe, A., Takata, H. & Kato, S. (2014) Estimating the mode of egg production in the spotted seahorse Hippocampus kuda to establish efficient captive breeding conditions. Aquaculture Science 62, 199-201.

2) Tue, N. T., Hamaoka, H., Quy, T. D., Nhuan, M. T., Sogabe, A., Nam, N. T. & Omori, K. (2014) Dual isotope study of food sources of a fish assemblage in the Red River mangrove ecosystem Vietnam. Hydrobiologia 733, 71 – 83.

3) Sogabe, A. & Takagi, M. (2013) Population genetic structure of the messmate pipefish Corythoichthys haematopterus in the northwest Pacific: evidence for a cryptic species. SpringerPlus 2, 408.

4) Sogabe, A., Takata, H. & Kobayashi, Y. (2013) Ovarian structure and mode of egg production in the seaweed pipefish, Syngnathus schlegeli (Syngnathidae). Ichthyological Research 60. 85 – 88.

5) 曽我部篤(2013)ヨウジウオ科魚類の多様な配偶システムとその進化生態的要因.In:魚類行動生態学入門(桑村哲生・安房田智司 編),pp. 122 – 151,東海大学出版会,東京.

6) Sogabe, A., Mohri, K. & Shoji, J. (2012) Reproductive seasonality of the seaweed pipefish, Syngnathus schlegeli (Syngnathidae), in Seto Inland Sea, Japan. Ichthyological Research 59, 223-229.

7) Tue, N. T., Hamaoka, H., Sogabe, A., Quy, T. D., Nhuan, M. T. & Omori, K. (2012) Food sources of macro-invertebrates in an important mangrove ecosystem of Vietnam determined by dual stable isotope signatures. Journal of Sea Research 72, 14-21.

8) Sogabe, A., Kawanishi, R. Takata, H. & Kobayashi, Y. (2012) Basic reproductive biology of the barbed pipefish Urocampus nanus (Syngnathidae) under laboratory condition. Ichthyological Research 59, 77-82.

9) Sogabe, A. & Ahnesjö, I. (2011) The ovarian structure and mode of egg production in two polygamous pipefishes: a link to mating pattern. Journal of Fish Biology 78, 1833-1846.

10) Tue, N. T., Hamaoka, H., Sogabe, A., Quy, T. D., Nhuan, M. T. & Omori, K. (2011) The application of δ13C and C/N ratios as indicators of organic carbon sources and paleoenvironmental change of the mangrove ecosystem from Ba Lat Estuary, Red River, Vietnam. Environmental Earth Sciences 64, 1475-1486.

11) Yamanaka, H., Sogabe, A., Handoh, I. C. & Kawabata, Z. (2011) The effectiveness of clove oil as an anaesthetic on adult common carp, Cyprinus carpio L. Journal of Animal and Veterinary Advances 10, 210-213.

12) Sogabe A. (2011) Partner recognition in a perennially monogamous pipefish, Corythoichthys haematopterus. Journal of Ethology 29, 191-196.


キーワード :
2017年10月26日 更新

曽我部 篤 Atsushi Sogabe

ページの先頭へ戻る