教員紹介

写真:渋谷 長生 教授

渋谷 長生 しぶや ちょうせい

  • 英語表記 Chousei SHIBUYA
  • 職名 教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 国際園芸農学科
  • 専門分野 農業経済学・組織論
  • email shibuchi [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39-3830
  • ファックス 0172-39-3830
  • 研究者総覧 渋谷 長生

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

試験のための一夜漬けもカンニングも、通常の学力とは違うのではないですか。知識だけではなく、生きる力を身につけるために、われわれのところにきませんか。

shibuya-4

研究室の学生と一緒のボウリングの一コマ。
 大学院博士課程に留学していた中国人留学生の博士論文審査を終えて 。

 

shibuya-6

 

新聞紙上での青森県の地域農業についての提言
ー東奥日報2004年4月27日ー


研究テーマ

 農業に関わる分野の中で、農協、生協の組織間提携に関わる問題、農産物の直接取引など農産物の販売に関する問題、さらに農業をどう活性化するかなどのついて研究しています。

1.農協と生協の提携に関する研究
 農協、生協感の提携は通常の企業間などの提携とはどのような違いがあるのかについて研究している。
2.農産物の直接取引に関する研究
 生産者と消費者の農産物の直接取引について産直、直売所、通信販売など多様な形態についてその特徴と課題について調査研究している。
3.地域農業の活性化や農村計画に関する研究地域の農業振興や地域活性化のための手法などについて調査研究している。
4 最近は農家による農産物の販売戦略について特に関心を持って研究している。

 


略歴

1986年 東北大学大学院農学研究科博士後期課程単位取得
1989年 弘前大学農学部助教授
1997年 弘前大学農学生命科学部助教授
2000年 岩手大学大学院連合農学研究科助教授併任


業績

○1860万人の生協産直(共著、コープ出版、1996年)
○自然の再生・21世紀への視点(共著、農山漁村文化協会、1996年)
○激変する食糧法下での米市場(共著,筑波書房,1997年)
○村の中には元気な人がたくさんいる(単著、青森むらづくり塾、1997年)
○流通再編と食料・農産物市場(共著、筑波書房、2000年)
○農産物直売所の指南書(共著、青森県農業会議2003年)
○食料・農産物の流通と市場(共著、筑波書房、2003年)


研究室・ゼミ

shibuya-1

 

タイ調査の交流会の様子1

 

shibuya-2

 

タイ調査の交流会の様子2


キーワード :
2017年1月6日 更新

渋谷 長生 Chousei SHIBUYA

ページの先頭へ戻る