教員紹介

写真:姜 東鎮 准教授

姜 東鎮 かん どんじん

  • 英語表記 Kang Dong-Jin
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 生物共生教育研究センター
  • 専門分野 作物学・環境ストレス生理学,環境農学
  • email djkang [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0173-52-2403

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

地球規模の様々な気候変動により作物生産量が減少し,増え続けている世界人口を支えることが極めて困難になっています.このため,作物の環境ストレス耐性を有する遺伝資源の探索が極めて重要です.さらに,耐性メカニズムを解明することによって,様々な環境ストレスに対する新しい作物種の創成がより効率的になります.栽培種だけではなく野生種の中からも環境ストレスに耐性を有する遺伝資源の探索・同定を行っています.また,弘前大学は東日本大震災の半年後の平成23年9月29日に福島県浪江町と復興に向けた協定を締結し,復興支援プロジェクトを展開しており,その中で,我々は放射性セシウム汚染農用地をファイトエクストラクション(植物による吸収除去)手法を用いて除染をする復興支援を行っています.しかし,除染が生物学的手法だけで解決できるとは考えていません.我々は物理的・化学的手法も取り入れた最も除染効果の高い総合的除染手法を確立し,一刻も早く汚染農地の復旧・復興を目指しています.科学研究の意義の一つは社会に貢献することであり,今回のような未曾有の大震災で何もかも壊れてしまった被災地の環境修復に農学ができることが何かを一緒に考えてみませんか.津波被害・放射性汚染農用地の環境修復に興味のある大学院生を募集中!


研究テーマ

作物学・環境ストレス生理学,環境農学

  1. イネの環境ストレスに対する有用遺伝資源の探索およびその耐性機構の解明
  2. 近年,アジアイネ(Oryza sativa L.)とアフリカイネ(Oryza glaberrima Steud.)から開発された新しいイネ種NERICA(New Rice for Africa)の形態学的・生理学的特徴の解析
  3. 環境ストレスに対する耐性種の簡易選抜法の確立
  4. 地域環境に適応する飼料作物種の探索および生育特徴の解析
  5. 植物による汚染土壌の浄化(Phytoremediation)

 

1.冠水抵抗性イネ

冠水抵抗性イネの形態変化.深水につけておくと節間伸長をする.

2.乾燥ストレス耐性イネ

乾燥耐性イネ系統の選抜試験の様子(国際イネ研究所,フィリピン).

3.酸性土壌耐性イネ

酸性硫酸塩土壌水田における酸性土壌耐性イネ品種の栽培試験(タイ).

4.Oryza alta

イネの祖先(O. alta).イネの祖先から環境ストレス耐性形質を栽培イネ種に導入する研究が国際イネ研究所で行っている(フィリピン).

5.ネピアクラス

飼料作物の中で最も高い乾物収量生産を誇るネピアグラス.1年目で草丈が4メートルになる(日本).

6.野生ダイズ

酸性土壌耐性野生ダイズ系統の選抜(タイ).栽培ダイズは酸性土壌耐性がないので,強酸性土壌でも栽培できる新たなダイズ育成に貢献できる.

7.青森県におけるネピアグラス

寒冷地の青森県でも熱帯イネ科牧草ネピアグラスの生育は旺盛.一般品種は植付け後4ヶ月で草丈が3.5メートル(右),一株の重さが10kgにもなる.

8. 福島県におけるネピアグラス

福島県放射性セシウム汚染土壌におけるC4イネ科牧草ネピアグラスによるセシウム除去様子.植付け後4ヶ月で草丈が3.8メートル,一株の重さが35kgであった.手前の小さいネピアグラスは1回刈り取ってから1か月半経ったもので,再生力が抜群.


略歴

1994年 韓国慶北大学農学部農学科卒業

1998年 東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻修士課程修了

2001年 東京大学大学院農学生命科学研究科生産・環境生物学専攻博士課程修了

2001年 東京都立大学理学部学術研究員

2002年 韓国慶北大学農業科学技術研究所研究教授

2004年 日本大学21世紀COE研究プログラム博士研究員 (兼)同プロジェクト海外拠点研究員(タイ国)

2008年 国際イネ研究所(IRRI, International Rice Research Institute)博士研究員

2009年 宮崎大学農学部非常勤研究員

2010年 弘前大学農学生命科学部准教授

2010年 岩手大学大学院連合農学研究科副指導教員(兼任)

2011年 弘前大学地域共同研究センター兼任教員(2011年~2012年)

2013年 岩手大学大学院連合農学研究科主指導教員(兼任)


業績

2013年】

Kang DJ, Endo A, Seo YJ. 2013. Effects of soil scraping on the reclamation of tsunami-damaged paddy soil. Journal of Crop Science and Biotechnology. 16: 219-223.

l  Ishii Y, Hamano K, Kang DJ, Kannika R, Idota S, Fukuyama K, Nishiwaki A. 2013. C4-napiergrass cultivation for cadmium phytoremediation activity and organic livestock farming in Kyushu, Japan. Journal of Agricultural Science and Technology 3: 321-330.

2012年】

Kang DJ, Seo YJ, Saito T, Suzuki H, Ishii Y. 2012. Uptake and translocation of cesium-133 in napiergrass (Pennisetum purpureum Schum.) under hydroponic conditions. Ecotoxicology and Environmental Safety. 82: 122-126.

l  濵野 琴美・石井 康之・山野 明日香・森 康太郎・井戸田 幸子・姜 東鎮・西脇 亜也.2012. ネピアグラス(Pennisetum purpureum Schumach)のカドミウム集積能力の推定およびカドミウム汚染土壌の浄化に向けた乾燥技術の開発.日本作物学会九州支部会報.78: 21-24.

Kang DJ, Futakuchi K, Seo YJ, Vijarnsorn P, Ishii R. 2012. Evaluation of Al-tolerance on upland and lowland types of NERICA lines under hydroponic conditions. Journal of Crop Science and Biotechnology. 15: 25-31.

l  Hamano K, Ishii Y, Kang DJ, Yamano A, Mori K, Idota S, Nishiwaki A. 2012. Assessment of potential cadmium uptake for phytoextraction activity in solution cultures of napiergrass.  Proceeding of The 4th Japan-China-Korea Grassland Conference, pp. 62-63. (Proceedings)

2011年】

Kang DJ, Futakuchi K, Seo YJ, Vijarnsorn P, Ishii R. 2011. Relationship of Fe-tolerance to morphological changes in roots in upland NERICA lines under Fe-treated hydroponic condition. Journal of Crop Science and Biotechnology. 14: 311-315.

Kang DJ, Seo YJ, Futakuchi K, Vijarnsorn P, Ishii R. 2011. Effect of aluminum toxicity on flowering time and grain yield on differing in Al-tolerance rice genotypes. Journal of Crop Science and Biotechnology. 14: 305-309.

Kang DJ, Ishii Y, Nishiwaki A. 2011. Effects of the shoot-cutting method on field propagation in napiergrass (Pennisetum purpureum Schum.). Journal of Crop Science and Biotechnology 14: 139-142.

Kang DJ, Seo YJ, Ujiie K, Vijarnsorn P, Ishii R. 2011. Agronomic and tolerant performance of acid soil-tolerant wild soybean (Glycine soja Sieb. and Zucc.) in acid sulfate soil of Thailand. Plant Production Science. 14: 156-163.

l  Higo M, Isobe K, Kang DJ, Maekawa T, Ishii R. 2011. Molecular diversity and spore density of indigenous arbuscular mycorrhizal fungi in acid sulfate soil in Thailand. Annals of Microbiology. 61: 383-389.

2010年】

Kang DJ, Seo YJ, Vijarnsorn P, Ishii R. 2010. Identification and crop performance of acid sulfate soil-tolerant rice varieties. Journal of Crop Science and Biotechnology. 13: 75-81.

l  Higo M, Isobe K, Kang DJ, Ujiie K, Drijber RA, Ishii R. 2010. Inoculation with Arbuscular Mycorrhizal Fungi or Crop Rotation with Mycorrhizal Plants Improves the Growth of Maize in Limed Acid Sulfate Soil. Plant Production Science. 13: 74-79.

2009年】

Kang DJ, Nakanishi TM, Kume T, Ishii R. 2009. Determination of the rate of 18F-labeled water movement to the leaf and its association with water relations in acid soil-tolerant rice varieties. Journal of Crop Science and Biotechnology. 12: 257-261.

2007年】

Kang DJ, Futakuchi K, Dumnoenngam S, Ishii R. 2007. High-yielding performance of a new rice variety, IR53650 in mildly improved acid sulfate soil conditions. Plant Production Science. 10: 64-67.

l  Satoh K, Ito C, Kang DJ, Sumida H, Takahashi R, Isobe K, Sasaki S, Tokuyama T. 2007. Characteristics of newly isolated ammonia-oxidizing bacteria from acid sulfate soil and the rhizoplane of leucaena grown in that soil. Soil Science and Plant Nutrition. 53: 23-31.

2006年】

l  Ghimire SR, Park SK, Kang DJ, Lee IJ, Shin DH, Kim SU, Kim KU. 2006. Physiological evaluation of transgenic rice developed for drought tolerance. Journal of Plant Biotechnology. 33: 133-137.

Kang DJ, Ishii R. 2006. Formation of organic acids in the root apices of rice plants (Oryza sativa L.) grown in acidic nutrient solution containing aluminum. Plant Production Science. 9: 228-231.

2005年】

Kang DJ, Seo YJ, Lee JD, Ishii R, Kim KU, Shin DH, Park SK, Jang SW, Lee IJ. 2005. Jasmonic acid differentially affects growth, ion uptake and abscisic acid concentration in salt-tolerant and salt-sensitive rice cultivar. Journal of Agronomy and Crop Science. 191: 273-282.

2004年】

l  Yoon DJ, Lee JD, Kang DJ, Park SK, Hwang YH. 2004. Effect of electrolyzed acidic water on the growth of soybean sprout. Journal of Life Science. 14: 809-814.

Kang DJ, Park DS, Lee JH, Oh BG, Ishii R, Lee IJ. 2004. Screening of submergence-tolerant variety and their physiological characteristics in rice. Korean Journal of Crop Science. 49: 126-130.

Kang DJ, Ishii R, Kim KU, Lee IJ. 2004. Changes of root system in rice (Oryza sativa L.) plant under salt- and drought- stressed agar medium conditions. Journal of Life Science. 14: 396-399.

2003年】

Kang DJ, Ishii R, Lee IJ. 2003. Water deficit in salt-and drought-stressed rice (Oryza sativa L.) seedlings. Bulletin of Institute of Agricultural Research of Kyungpook National University 21: 1-9.

姜 東鎮・呂 運尚・呉 乗根・姜 正勲・楊 世準・石井 龍一・李 仁中. 2003. 高温乾燥風に対する耐性イネ品種の生理学的特徴.日本作物学会紀事,72 : 328-332.

姜 東鎮・石井 龍一. 2003. イネの耐酸性機構に関する研究.第1報.酸性土壌耐性イネ品種の生理学的特徴.日本作物学会紀事,72 : 171-176.

2001年】

Kang DJ, Futakuchi K, Dumnoenngam S, Mechi T, Chakranon B, Ishii R. 2001. Factors related to differences in rice yield among districts in Narathiwat Province, southern Thailand. Japanese Journal of Tropical Agriculture. 45:49-56.

l  Nakanishi TM, Tanoi K, Yokota H, Kang DJ, Ishii R, Ishioka NS, Watanabe S, Osa A, Sekine T, Matsuhashi S, Ito T, Kume T, Uchida H, Tsuji A. 2001. 18F used as tracer to study water uptake and transport imaging of a cowpea plant. Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry. 249:503-507.

1999年】

l  Nakanishi TM, Don-jin K, Kitamura T, Ishii R, Matsubayashi M. 1999. Identification of water storage tissue in the stem of cowpea plant (Vigna unguliculata Walp) by neutron radiography. Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry. 242: 353-359.


キーワード : イネ,除塩,除染,非生物学的ストレス耐性,ネピアグラス,ネリカ.
2017年1月6日 更新

姜 東鎮 Kang Dong-Jin

ページの先頭へ戻る