教員紹介

NO IMAGE

高梨子 文恵 たかなし ふみえ

  • 英語表記 TAKANASHI Fumie
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 国際園芸農学科
  • 専門分野 農業経済学
  • email fumie-t [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 3828

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

開発途上国や国内の農村地域でのフィールドワークを中心とした研究を行っています。習慣の違いに戸惑うこともしばしばですが、現場では様々な人と交流し、地域固有の文化や農業のあり方について理解を深めることができます。


研究テーマ

・ベトナムの青果物流通に関する研究

社会主義国であるベトナムで、市場経済化の浸透によって、農産物がどのように商品化され、流通システムがどのように構築されるのかを研究しています。

 

ベトナム北部ハノイ市にある安全野菜を生産する圃場。ベトナムでは食の安心・安全に対する意識が非常に高く、安全な野菜に対する需要は大きいのですが、そうした差別化された農産物を一般に広く流通させるための流通制度は確立していません。制度構築が大きな課題となっています。

   中越国境。経済成長著しい中国では、近隣諸国から様々な農産物を輸入しています。ベトナムでも、中国市場向けに青果物の生産を行う新しい産地が形成されつつあり、そうした農産物の多くはこのゲートを通って陸路で輸出されます。

・国内の若手農業者、農村女性の組織化に関する研究

家族経営、あるいは農村社会の中で周辺化されがちな若者や女性が、それぞれの困難を克服するために行っている組織化の動向について調査・研究しています。


略歴

2009年 鹿児島大学大学院連合農学研究科 修了

2009年 北海道大学大学院農学研究院 博士研究員

2011年 広島大学生物生産学部 特任講師

2014年 弘前大学農学生命科学部 准教授


業績

【論文】

・農村の構造変化と「小さな協同」―農協と地域協同組織の連携の可能性―(単著)

日本協同組合学会 協同組合研究 第34巻第1号 (2014)

・ベトナム初等教育課程における給食導入の課題―北部ベトナムを事例にー(共著)

日本農業市場学会 農業市場研究 第23巻第1号 (2014)

・Effects of temporary migration on rural households in the Red River Delta of Vietnam (共著)

Agricultural Marketing Journal of Japan Vol. 22 (4)  (2014)

・Current status of agricultural cooperatives in the Mekong Delta, Vietnam(共著)  Agricultural Marketing Journal of Japan  Vol. 22 (1) (2013)

・農村活性化に向けたワークショップの意義とその効果-広島県における「6次産業化ワークショップ」の取組を事例として-(共著)

日本農業市場学会 農業市場研究 第22巻第1号 (2013)

・遠隔単品大型野菜産地における有機・特別栽培の導入と農協共販-北海道きたみらい農協におけるタマネギ部会再編の特質-(共著)

食農資源経済学会 食農資源経済論集 第64巻第1号 (2013)

・北部ベトナムにおける安全野菜流通と農協の役割(共著)

食農資源経済学会 食農資源経済論集 第64巻第1号 (2013)

・北海道畑作地帯における後継者妻のグループ活動の変化に関する一考察(共著)

日本農村生活学会 農村生活研究 第55巻第1・2巻合併号 pp. 5-12 (2012)

・農業後継者における情報ネットワークの特質と地域的支援の課題(共著)

日本農業経済学会 2011年度 日本農業経済学会論文集 pp. 56-63 (2011)

・Procurement and Marketing Strategies of Vietnamese Vegetable Export Ventures(共著) Agricultural Marketing Journal of Japan, Vol. 18- 4 pp. 52-64 (2011)

 

【著書】

・国連世界食料保障委員会専門家ハイレベルパネル著 家族農業研究会/㈱農林中金総合研究所共訳 『人口・食料・資源・環境 家族農業が世界の未来を拓く 食料保障のための小規模農業への投資』 農山漁村文化協会 2014年 (共訳)

・江坂宗春監修 『生命・食・環境のサイエンス』 共立出版 2011年 (分担執筆)


研究室・ゼミ

海外や国内での農村調査を行い、現場に即した課題について研究をすすめていきます。


キーワード :
2017年1月6日 更新

高梨子 文恵 TAKANASHI Fumie

ページの先頭へ戻る