教員紹介

写真:横山 仁 准教授

横山 仁 よこやま ひとし

  • 英語表記 YOKOYAMA Hitoshi
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 分子生命科学科
  • 専門分野 発生生物学、再生生物学
  • email yokoyoko [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 3773

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

 「生命とは何か」という課題を考えたとき、傷ついた体を元通りに修復する再生の能力は無生物にはない、生命を特徴づける性質の一つに挙げることができます。人類は有史以前から自己の再生能力とその限界を意識していました。そして18世紀にはヒドラやイモリなどの動物が高い再生能力を持つことを見つけていました。しかし長い研究の歴史にも関わらず、動物の再生現象は謎に満ちています。なぜ両生類のイモリは手足を切断しても元通りに再生できるのか?それに対してヒトはなぜ手足を再生できないのか?これら素朴な問いに対する答えはいまだに見つかっていません。
 このように、生命科学はまだまだ未開拓な分野です。そして動物の再生現象の研究は遺伝子操作やゲノム編集などの新たな技術の出現によってまさに飛躍の時を迎えています。研究の歴史や古典をきちんと学んだ上で、新しい技術で現象を見つめなおせば面白い発見が自ずと待っています。再生という古くて新しい課題に挑む勇気を持った若い人たちの参入をお待ちしています。


研究テーマ

 手足を持つ脊椎動物(四足動物)の中でも両生類はずば抜けて高い再生能力を持っています。たとえば両生類のイモリは手足や尾を切断されても完全に再生できます。両生類の中でもカエル(無尾両生類)はオタマジャクシの時期にはイモリと同様に手足を再生できるのに対して、変態が進んでカエルになるにつれて再生できなくなります。そこでカエルの中でもモデル動物として広く研究に用いられているアフリカツメガエルを研究材料として、その再生現象を研究しています。オタマジャクシとカエルの間で再生能力が大きく異なる原因を探ることで、再生能力の違いを生み出す原因を明らかにし、究極的にはヒト(哺乳類)のように再生能力が低い動物を再生させる方法を見つけることを目指しています。
 また最近、両生類は手足だけでなく皮膚が傷つけられた際にも傷あとを残すことなく再生することを発見しました。皮膚を再生できず傷あとが残ってしまう哺乳類との違いを明らかにすることを目標にしています。


略歴

1996年3月 東北大学理学部生物学科 卒業

1998年4月 日本学術振興会 特別研究員(DC1、01年3月まで)

2001年3月 東北大学大学院理学研究科生物学専攻 博士後期課程 修了

2001年4月 日本学術振興会 特別研究員(PD、04年3月まで)

 (2002年12月~2007年3月 University of Washingtonに研究留学、Randall Moon研究室)

2004年4月 日本学術振興会 海外特別研究員(06年3月まで)

2006年4月 University of WashingtonにてSenior fellow(07年3月まで)

2007年4月 東北大学大学院生命科学研究科 教育研究支援者(07年8月まで)

2007年9月 東北大学大学院生命科学研究科 助教(12年8月まで)

2012年9月 東北大学大学院生命科学研究科 助教(再任、14年10月まで)

2014年11月 弘前大学農学生命科学部 准教授


業績

2014年

Hayashi, S., Ochi, H., Ogino, H., Kawasumi, A., Kamei, Y., Tamura, T. and Yokoyama, H. Transcriptional regulators in the Hippo signaling pathway control organ growth in Xenopus tadpole tail regeneration. Developmental Biology, 2014, 396, 31-41.

Egawa, S.*, Miura, S.*, Yokoyama, H., Endo, T. and Tamura, K. Growth and differentiation of a long bone in limb development, repair and regeneration. Development Growth and Differentiation, 2014, 56, 410-424.

Nomura, N. Yokoyama, H. and Tamura, K. Altered developmental events in the anterior region of the chick forelimb give rise to avian-specific digit loss. Developmental Dynamics. 2014, 243, 741–752.

Hayashi, S. Tamura, K. and Yokoyama, H. Yap1, transcription regulator in the Hippo signaling pathway, is required for Xenopus limb bud regeneration. Developmental Biology. 2014, 388, 57-67.

横山仁、林真一、川住愛子、砂川奈都召、田村宏治. アフリカツメガエルから見た四肢再生実現へのステップ. 実験医学. 2014, 32(1), 22-28.

2013年

林真一、矢野十織、川住愛子、田村宏治、横山仁. 四肢再生における脱分化、再分化と細胞記憶. 実験医学. 2013, 31(13), 2075-2082.

Kawasumi, A., Sagawa, N., Hayashi, S., Yokoyama, H., and Tamura, K. “Wound Healing in Mammals and Amphibians: Toward Limb Regeneration in Mammals”. Current Topics in Microbiology and Immunology. Ellen Heber-Katz; David L. Stocum eds. Springer, 2013, 367, 33-49.

田村宏治、大塚理奈、川住愛子、横山仁. 両生類の皮膚再生と四肢再生の関係から見る,両生類再生研究の哺乳類への応用の可能性. 瘢痕・ケロイド治療ジャーナル. 2013, 7, 1-4.

2012年

Yano, T., Abe, G., Yokoyama, H., Kawakami, K., and Tamura, K. Mechanism of Pectoral Fin Outgrowth in Zebrafish Development. Development. 2012, 139, 2916-2925.

Kamiyama, N., Seki, R., Yokoyama, H., and Tamura, K. Heterochronically early decline of Hox expression prior to cartilage formation in the avian hindlimb zeugopod. Development Growth and Differentiation. 2012, 54, 619–632.

横山仁、川住愛子、林真一、田村宏治. 四肢再生の基盤としての創傷治癒:両生類から学ぶ皮膚の完全再生. 細胞工学. 2012, 31(5), 592-599.

2011年

野村直生、関亮平、米井小百合、横山仁、田村宏治. 鳥類の指と恐竜の指は同じもの. 細胞工学. 2011, 30(12), 1301-1305.

Yokoyama, H., Maruoka, T., Ochi, H., Aruga, A., Ohgo, S., Ogino, H. and Tamura, K. Different requirement for Wnt/β-catenin signaling in limb regeneration of larval and adult Xenopus. PLoS ONE. 2011, 6, e21721.

Yokoyama, H.*, Maruoka, T.*, Aruga, A., Amano, T., Ohgo, S., Shiroishi, T. and Tamura, K. Prx-1 expression in Xenopus laevis scarless skin-wound healing and its resemblance to epimorphic regeneration. Journal of Investigative Dermatology. 2011, 131, 2477–2485.

Noro, M., Yuguchi, H., Sato, T., Tsuihiji, T., Yonei-Tamura, S., Yokoyama, H., Wakamatsu, Y. and Tamura, K. Role of paraxial mesoderm in limb/flank regionalization of the trunk lateral plate. Developmental Dynamics. 2011, 240, 1639-1649.

Tamura, K.*, Nomura, N.*, Seki, R., Yonei-Tamura, S. and Yokoyama, H. Embryological evidence identifies wing digits in birds as digits 1, 2, and 3. Science. 2011, 331, 753-757.

2010年

Sato, K.*, Seki, R.*, Noro, M., Yokoyama, H. and Tamura, K. Morphogenetic change of the limb bud in the hand plate formation. Journal of Experimental Zoology Part B: Molecular and Developmental Evolution. 2010, 314B, 539-551.

Uejima, A., Amano, T., Nomura, N., Noro, M., Yasue, T., Shiroishi, T., Ohta, K., Yokoyama, H. and Tamura, K. Anterior shift in gene expression precedes anteriormost digit formation in amniote limbs. Development Growth and Differentiation. 2010, 52, 223-234.

Ohgo, S., Itoh, A., Suzuki, M., Satoh, A., Yokoyama, H., and Tamura, K. Analysis of hoxa11 and hoxa13 expression during patternless limb regeneration in Xenopus. Developmental Biology. 2010, 338,148-157.

Tamura, K., Ohgo, S., and Yokoyama, H. Limb blastema cell: a stem cell for morphological regeneration. Development Growth and Differentiation. 2010, 52, 89-99.

2009年

Yakushiji, N., Yokoyama, H., and Tamura, K. Repatterning in amphibian limb regeneration: a model for study of genetic and epigenetic control of organ regeneration. Seminars in Cell and Developmental Biology. 2009, 20, 565-574.

 

(*co-first authors)


研究室・ゼミ

2014年11月に着任したばかりのため、研究室もゼミもこれから作っていくところです。自分のラボが持てる喜びをいつも忘れずにいたいと思います。


キーワード :
2017年1月6日 更新

横山 仁 YOKOYAMA Hitoshi

ページの先頭へ戻る