教員紹介

写真:泉谷 眞実 教授

泉谷 眞実 いずみや まさみ

  • 英語表記 Izumiya Masami
  • 職名 教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 国際園芸農学科
  • 専門分野 環境・バイオマス分野
  • email izumiya [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39-3933

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

●「バイオマス」とは、再生可能な、生物由来の有機性資源のことで、エネルギーや農業資材、工業原料として利用されます。

●農林水産業は、食料供給産業からバイオマス供給産業に発展しています。

●りんご剪定枝や稲わらも(下記写真)、重要な資源(バイオマス)です。

IMGP3410

りんご剪定枝の回収作業の調査

K

倉庫で保管される稲わらロール

CIMG0751

ハウスでの稲わらの利用風景

IMGP2862

籾殻から固形燃料の生産


研究テーマ

①地域におけるバイオマス、農産廃棄物、食品廃棄物、家畜ふん尿等の発生・利用方式や流通経路の解明を通じて、バイオマスの有効活用のための方策を検討しています。

②青森県のりんごジュース搾り粕・りんご剪定枝、廃食用油、稲わら・もみ殻・米ぬか、木質ペレット、食品廃棄物、家畜ふん尿等について、経済学的な視点からの研究を行っています。

③近年ではアジア(中国、台湾、韓国等)におけるバイオマス資源の利活用に関する調査研究も行っています。

IMG_1797

台湾での梨剪定枝利用調査

IMGP0478

台湾での梨剪定枝利用状況

IMGP0977

生ごみ処理施設の調査

IMGP2711

韓国でのりんごジュース搾り粕利用調査

IMGP3008

わら縄生産の調査

K

むしろ生産の調査

IMGP0748

使用済み廃天ぷら油回収事業の調査

K

家畜排泄物の堆肥化事業の調査


略歴

1994年 4月  酪農学園大学 専任講師 酪農学部(農業経済学科)

1998年10月  弘前大学 助教授(准教授)  農学生命科学部


業績

【論文】

・中国における食品製造副産物の利活用システムに関する事例分析-りんごジュース製造副産物リサイクル・システムの日中比較研究-(共著)、農村経済研究、31巻1号(2013)

・積雪寒冷地における稲わらの処理・利用方式の特質(共著)、弘前大学農学生命科学部学術報告、15号(2013)

・2010年農林業センサスからみる東北農業の構造(単著)、農村経済研究、30巻1号(2012)

・農業資材市場と静脈産業(単著)、農業市場研究、19巻3号(2010)

・廃食油の発生構造とバイオディーゼル燃料事業化の課題-青森県における事業所アンケート結果の分析-(単著)、弘前大学農学生命科学部学術報告、13号(2010)

・青森県における集落営農の特徴と今後の課題(単著)、水田・畑作経営所得安定対策下における集落営農組織等の動向と今後の課題(2009)

・農業雇用の動向と農業労働力問題(単著)、北海道農業、36巻(2009)

 

【著書】

・国産ナタネの現状と展開方向(分担執筆)、昭和堂(2013)

・食料・農業市場研究の到達点と展望(共編著)、筑波書房(2013)

・未利用バイオマスとしてのりんご剪定枝の活用戦略[増補改訂版](編著)、弘前大学出版会(2011)

・エコフィードの活用促進-食品循環資源飼料化のリサイクル・チャネル(編著)、農文協(2010)

・労働市場と農業(分担執筆)、筑波書房(2008)

・食料・農産物の流通と市場Ⅱ(分担執筆)、筑波書房(2008)

・リンゴ粕の飼料化技術(共著)、弘前大学出版会(2008)

・雇用と農業経営(分担執筆)、農林統計協会(2008)


研究室・ゼミ

●環境・バイオマス研究室のミッションは、「バイオマスの活用で地域と地球を救う!」ことです。地球温暖化問題、エネルギー問題、環境問題を解決し、農村活性化の方策を考えます。

●フィールド調査でテーマを見つけよう!を合い言葉に、3年生になって研究室に所属するとすぐにさまざまなバイオマス利用の現場に調査に行き、実感し、問題意識を磨き、知識を蓄えます。

●環境・バイオマス分野の研究方法は、①地域の企業や農家のフィールド調査、②市民や農家・事業所に対するアンケート調査、③文献を読む。統計データーを分析する等です。

<現場密着型の実証的な教育・研究>を目指しています。

●バイオマス経済の研究は、未開拓の領域です。一緒に未開拓の領域を探検しましょう!

IMGP2875

稲わら利用に関する調査

IMGP2820

木質固形燃料に関する調査

IMGP2790

バイオディーゼル燃料事業に関する調査

IMGP3441

籾殻固形燃料事業に関する調査


キーワード :
2017年3月17日 更新

泉谷 眞実 Izumiya Masami

ページの先頭へ戻る