教員紹介

NO IMAGE

橋本 勝 はしもと まさる

  • 英語表記 Masaru Hashimoto
  • 職名 教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 分子生命科学科
  • 専門分野 天然物有機化学
  • email hmasaru@ [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39-3782

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

生体内には、未解明な生命現象制御物質がまだまだ存在しています。これら物質を特定し、その物理、化学、生物的特性を理解することは、農作物の効果的生産、医薬品への応用などにつながります。有用物質を開発し、人類の幸福に役立てることを目標に、勉強、研究しましょう。

              hashimoto_1

糖鎖の一部を硫黄で置換した糖鎖も酵素に結合。新しい医薬品への応用を模索しています。


研究テーマ

天然物有機化学

生命活動は、さまざまな有機化合物によってコントロールされています。食べ物からエネルギーを得ること、目で物を見ること、頭痛になるのも、治るもの、全てそれらをつかさどっている分子があります。天然物有機化学では、それら分子の構造を明らかにし、そのものを化学合成し生物学実験に提供したり、さらに構造を人工的に変換して天然には見られない高機能物質を開発、医薬、農薬への応用を目指します。

hashimoto_2

菌が別の菌に侵入するマイコパラサイトという興味深い現象を支配する物質はlambertellol類であろうとわかってきました。


略歴

昭和60年3月

北海道大学理学部卒業

昭和63年4月

学術振興会特別研究員

平成2年3月

北海道大学大学院理学研究科化学専攻博士後期課程修了(理学博士)

平成2年4月

財団法人相模中央化学研究所嘱託研究員

平成9年4月

米国コロンビア大学化学科博士研究員

平成10年4月

弘前大学助教授

平成17年4月

弘前大学農学生命科学部教授


業績

1. 橋本勝、「ピラノース環酸素を硫黄原子で置換したチオオリゴサッカリドの合成研究」、有機合成化学協会誌2006、印刷中


2. Yamamoto, K., Watanabe, N., Matsuda, H., Oohara, K., Araya, T., Hashimoto, M., Miyairi, K., Okazaki, I., Saito, M., Shimizu, T., Kato, H., Okuno, T.
Design, synthesis, and enzymatic property of a sulfur-substituted analogueof trigalacturonic acid
Bioorg. Med. Chem, Lett., 15, 22, 4932-4935 (2005).


3. Murakami, T., Hashimoto, M., Okuno, T.
Isolation, structure elucidation, preparation,and biological properties of neolambertellin
Bioorg. Med. Chem, Lett., 15, 4185-4188 (2005)


4. Morii, Y., Matsuda, Y., Ohara, K., Hashimoto, M., Miyairi, K., Okuno, T.
Synthetic studies on oligosaccharides composed of 5-thioglucopyranose units
Bioorg. Med. Chem., 13, 5113-5144 (2005)


5. Murakami T., Sasaki A.., Fukushi E., Kawabata J., Hashimoto M., Okuno T.
Lambertellol C, a labile and novel biosynthetic congener of lambertellols A and B
Bioorg. Med. Chem. Lett., 15, 2587-2590 (2005).


6. Murakami T., Sasaki A.., Fukushi E., Kawabata J., Hashimoto M., Okuno T.
Optimization of isotope-labeling conditions for lambertellin based on isotope patterns observed by mass spectrometry
Bioorg. Med. Chem. Lett., 15, 2591-2594 (2005).


7. Nihei K., YING B.-P., Murakami T., Matsuda H., Hashimoto M. & Kubo I.
Pachyelasides A-D, Novel Molluscicidal Triterpene Saponins from Pachyelasma Tessmannii
J. Agric. Food Chem., 53, 608-613 (2005).


キーワード :
2014年4月14日 更新

橋本 勝 Masaru Hashimoto

ページの先頭へ戻る