教員紹介

NO IMAGE

泉 完 いずみ まったし

  • 英語表記 Mattashi Izumi
  • 職名 教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 地域環境工学科
  • 専門分野 農業水利学
  • email mizumi@cc.hirosaki-u.ac.jp [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39-3843

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

堰などの川をせき止める河川横断構造物にある魚の通り道(これを魚道といいます)における「魚たちの遊泳行動と水の流れとの関係」、水路の流水で発生する水音、耕さないで田植えをする水田(不耕起栽培水田)の水収支に関することを研究しています。高校生、あるいは大学学部学生で興味がある方、ぜひ一緒にやりましょう!

izumi_1

スタミナトンネルを用いた淡水魚の最大遊泳能力に関する現地実験(魚道の中に実験装置を設けている)


研究テーマ

農業水利学

地域における水資源の確保や水の有効利用と水環境整備についての教育・研究分野です.専門は、水路や堰などの水利構造物における水の流れ解析や水田の水収支に関することで、現在、フィ−ルドで調査・実験・研究をしています.

izumi_2

魚道調査チ-ム(2003年)

izumi_3

魚道調査チ-ム(2004年)

izumi_4

水中TVカメラによる魚類の通過経路観測

izumi_5

魚道隔壁を遊泳する魚たち

izumi_6

バ-チカルスロット魚道を遊泳していく魚

izumi_7

蟹田川魚道調査にて

1.河川工作物(魚道)における生態・水理環境特性に関する研究

河川水利構造物(頭首工や取水堰) ⇒ 食糧生産と洪水が起ったとき一時的に水を貯め、いわゆる洪水防御のためのダムの機能(治水機能)も持つ水田に、河川をせき止めて水田に水を引くための施設(水利施設)を頭首工や取水堰といいます。
 川が堰き止められると ⇒ そこに住んでいる魚類などの水生動物の移動や、産卵のための遡上(遡河)、または海に還るための降下(降河)などが阻害されます。
 [魚道] ⇒ 頭首工や堰には、これらを阻害させないための「魚の通り道」が設けられている。この「魚の通り道」を「魚道」といいます。
 現在、魚類等の生態系を視野に入れた魚道の形式と構造を水理学的に考究するため,河川工作物の一つである魚道において、魚類等の遡上行動と魚道内の流れ場についての現地調査や室内実験を学部学生・大学院生の協力を得ながら勢力的に行っています。

 

2.水稲の不耕起移植栽培における水利システムの確立に関する研究

[不耕起移植栽培] ⇒ 田んぼを耕さないで稲を移植する栽培方法を不耕起移植栽培といいます。この栽培法は、稲作の省力・低コスト農法、および環境保全型農法の一つであると意義付けられており、これら水田内における水の消費量(これを用水量という)、および消費機構のメカニズムの解明が急務となっています。現在、弘前大学農学生命科学部付属生物共生教育センタ-(青森県金木町(作家:太宰治の出生地))の不耕起水田で調査を行っており、水利システムの確立を目指しています。


略歴

1978年

弘前大学農学部農業工学科卒業

1979年

弘前大学大学院農学研究科修士課程1年単位取得退学

1979年

秋田県立農業短期大学助手・講師

1994年

弘前大学農学部助手

1997年

弘前大学農学生命科学部助教授

1999年

岩手大学大学院連合農学研究科副指導教官資格

2002年

岩手大学大学院連合農学研究科主指導教官資格


業績

○「水クッション型落差工における流水音特性について」(農業土木学会論文集No.185,1996)


○「青森県北津軽地域における低平地不耕起水田の用水量」(農業土木学会論文集No.213,2001)


○「アイスハ−バ−型魚道における魚類の隔壁遡上特性」(農業土木学会論文集No.217,2002)


○「魚道隔壁での魚類等の遡上経路を小型水中TVカメラで測る」(農業土木学会誌Vol.70-2,2002)


○「赤石川赤石第2頭首工のアイスハ-バ-型魚道隔壁における魚類の遡上行動」(水工学論文集47,2003)


○「バ-チカルスロット型魚道における水理調査について,-中野川田山堰頭首工の魚道を事例にして-」(農業土木学会論文集 No.228,2003)


○「バ−チカルスロット型魚道におけるアメマスの現地放流実験」(農業土木学会誌 Vol.72-7,2004)


○「水稲の長期不耕起水田の用水量と均平度」−青森県北津軽地域の低平地水田を事例にして−」(農業土木学会論文集 No.234,2004)


キーワード :
2014年4月11日 更新

泉 完 Mattashi Izumi

ページの先頭へ戻る