教員紹介

NO IMAGE

千田 峰生 せんだ みねお

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

農学は医学、工学、理学のような華やかさはありません。でも「食」という人間にとってもっとも重要な部分を担っています。日本は食糧自給の半分以上を海外に依存しているという深刻な問題を抱えています。にもかかわらず、日本では「農」という言葉が軽んぜられる今日この頃。こんな状況のなかであえて農学をめざす若者は流行に左右されない、しっかりした考えをもっている人と思います。また、地道な作業ですので圃場と実験室レベルの仕事をこつこつとこなすことができる人が向いています。近年、遺伝子研究の進展はめざましいものがあります。土や試薬にまみれながら、華やかさを求めず、地道に作物の生命現象を遺伝子レベルで解明していきましょう。


研究テーマ

植物分子遺伝学

黄大豆の種皮着色抑制機構に関する分子遺伝学的研究

マメ科植物の種皮着色突然変異に関する分子遺伝学的研究


略歴

1987年

北海道大学農学部農学科卒業

1989年

北海道大学大学院農学研究科農学専攻博士前期課程修了

1992年

北海道大学大学院農学研究科農学専攻博士後期課程単位取得退学

1992年

日本学術振興会特別研究員(北海道大学農学部)

1993年

博士(農学)

1994年

弘前大学遺伝子実験施設助手

1998年

文部省在外研究員
  (カリフォルニア大学バークレイ校植物遺伝子発現センター)

2006年

弘前大学農学生命科学部助教授


業績

Senda, M., A. Jumonji, S. Yumoto, R. Ishikawa, T. Harada, M. Niizeki and S. Akada (2002) Analysis of the duplicated CHS1 gene related to the suppression of the seed coat pigmentation in yellow soybeans. Theoretical and Applied Genetics 104: 1086-1091


Senda, M., A. Kasai, S. Yumoto, S. Akada, R. Ishikawa, T. Harada and M. Niizeki (2002) Sequence divergence at chalcone synthase gene in pigmented seed coat soybean mutants of the Inhibitor locus. Genes & Genetic Systems 77: 341-350


Kim, H. UK, R. Cotter, S. Johnson, M. Senda, P. Dodds, R. Kulikauskas, W. Tang, I. Ezcurra, P. Herzmark and S. McCormick (2002) New pollen-specific receptor kinases identified in tomato, maize and Arabidopsis: the tomato kinases show overlapping but distinct localization patterns on pollen tubes. Plant Molecular Biology 50: 1-16


Senda, M., C. Masuta, S. Ohnishi, K. Goto, A. Kasai, T. Sano, J.S. Hong and S. MacFarlane (2004) Patterning of virus-infected Glycine max seed coat is associated with suppression of endogenous silencing of chalcone synthase genes. Plant Cell 16: 807-818


Kasai, A., M. Watarai, S. Yumoto, S. Akada, R. Ishikawa, T. Harada, M. Niizeki and M. Senda (2004) Influence of PTGS on chalcone synthase gene family in yellow soybean seed coat. Breeding Science 54: 355-360


Matsumura, H., S. Watanabe, K. Harada, M. Senda, S. Akada, S. Kawasaki, E. Doubouzet, N. Minaka and R. Takahashi (2005) Molecular linkage mapping and phylogeny of the chalcone synthase multigene family in soybean. Theoretical and Applied Genetics 110: 1203-1209


千田峰生・増田 税(2005)ダイズ種子の着色メカニズムに迫る! 黄ダイズの種皮着色抑制に転写後型ジーンサイレンシングが関与。 化学と生物 43, 220-221


千田峰生(2006)ウイルスが大豆の上に絵を描く。RNA Network Newsletter 4, 28-30


キーワード :
2017年1月6日 更新

千田 峰生 Mineo Senda

ページの先頭へ戻る