教員紹介

写真:田中 紀充 助教

田中 紀充 たなか のりみつ

  • 英語表記 Norimitsu Tanaka
  • 職名 助教
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 国際園芸農学科
  • 専門分野 果樹園芸学
  • email tanakano [at] hirosaki-u.ac.jp

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

植物(リンゴ)の未知の部分を明らかにしていく喜びを一緒に共有していきましょう。

                                                                     norisan_1

    norisan_2

リンゴの花

リンゴの果実

 
 

研究テーマ

○果樹園芸学

 

 園芸学に分類される果樹園芸学。研究フィールドが北東北にあることから、寒冷地落葉果樹について研究しています。その中でもリンゴの結実、花芽・花器官形成について研究を行っています。リンゴのような果樹は永年性植物で10年、20年、30年と長い期間、毎年のように結実を維持していかなければなりません。リンゴ栽培にとって重要なことは花を咲かせ、果実を生産することです。リンゴは自家不和合性で自己の花粉では結実せず、他品種の花粉が受粉することで果実が発達します。また、果実数が多いほど翌年の花芽形成を抑制し、成り年と不成り年の隔年結果を引き起こします。栽培的な視点および遺伝子制御の視点から研究を進め、リンゴの果実生産および花芽形成のバランスについて解明することでリンゴの安定生産に貢献することを目的に研究を行っています。

 

 「リンゴの単為結果に関する花器官を制御する遺伝子の働き、花芽形成に関する研究」を行っています。リンゴ栽培は1年を通じての作業が多いため、作業労働を軽減するとともに、労働時間の短縮が必要と考えられます。単為結果性(種なし)品種の導入により、安定的な結実確保と人工授粉をしないことでの作業の省力化が見込めます。単植園化が可能となるため、ポジティブリスト制による農薬ドリフト問題の解決などの効果が期待されます。

1.リンゴの単為結果に関する花器官を制御する遺伝子の研究

 リンゴには花器官の変異(花弁ががくに、雄ずいが雌ずいに置き換わる)とともに、種子を形成せずに果実を発達させる単為結果性(種なし果実)を有している品種があります。この花器官の変異はリンゴで花弁と雄ずいの形成に関わっているMdPIという遺伝子が働いていないことが原因と考えられています。これらの品種の単為結果性はカキ、ウンシュウミカン、ブドウ等の他の果樹類と単為結果の機構が異なっていると考えられ、その原因を明らかにしたいと思っています。

                                                                                                    norisan_3

花器官に変異のあるリンゴの花

(花びら→がく片、雄しべ→雌しべになっている)

norisan_4

受粉操作なしで結実した果実

(単為結果した果実)

 

2.リンゴの花芽形成に関する研究

 リンゴは木本植物で永年性果樹に分類され、花芽分化が開始されるまでの栄養生長期間(幼若期間)が長く、果実を収穫するまでには多くの年月を要します。リンゴはモデル植物のシロイヌナズナやイネなどの草本植物とは異なり、数十年と樹体を維持し、果実を毎年安定的に収穫しなければならず、翌年の花芽形成には当年開花後の摘花、摘果および受光環境の影響が大きいことがあげられます。リンゴは果実数が多いほど翌年の花芽形成が抑制され、成り年と不成り年の隔年結果を引き起こします。果実生産と花芽分化を調査することにより種子形成、果実生産および花芽形成のバランスについて解明したいと思っています。

norisan_5

花芽形成遺伝子を導入したリンゴの遺伝子組換え個体

 
 

略歴

2002年

岩手大学 農学部 農林生産学科 卒業

2004年

岩手大学大学院 農学研究科 農林生産学専攻 修了

2007年

岩手大学大学院 連合農学研究科 生物生産科学専攻 修了

2007年

岩手大学 農学部 学術研究員

2009年

弘前大学 農学生命科学部 助教


業績

小森貞男、渡邉麻紗乃、渡邉学、田中紀充、壽松木章、和田雅人、副島淳一、松本省吾、安達義輝、李積軍.2009.リンゴの形質転換におけるAgrobacterium除菌用抗生物質の検討.園芸学研究.8:419-426.

Yoshiteru Adachi, Sadao Komori, Yoshimasa Hoshikawa, Norimitsu Tanaka, Kazuyuki Abe, Hideo Bessho, Manabu Watanabe, Akira Suzuki. 2009. Characteristics of fruiting and pollen tube growth of apple autotetraploid cultivars showing self-compatibility. J. Japan. Soc. Hort. Sci. 78: 402-409.

Masato Wada, Ayano Ureshino,Norimitsu Tanaka, Sadao Komori, Sae Takahashi, Kazunori Kudo, Hideo Bessho.2009. Anatomical Analysis by Two Approaches Ensure the Promoter Activities of Apple AFL Genes. J. Japan. Soc. Hort. Sci.. 78: 32-39.

Norimitsu Tanaka, Masato Wada, Sadao Komori, Hideo Bessho, Akira Suzuki. 2007. Functional Analysis of MdPI, the PISTILLATA Gene Homologue of apple, in Arabidopsis. J. Japan. Soc. Hort. Sci.. 76: 125-132.


キーワード :
2017年1月6日 更新

田中 紀充 Norimitsu Tanaka

ページの先頭へ戻る