教員紹介

NO IMAGE

山元 涼子 やまもと りょうこ

  • 英語表記 Ryoko Yamamoto
  • 職名 助教
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 食料資源学科
  • 専門分野 食品科学
  • email yamamoto.r [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 3739

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

不規則な食習慣の改善を実行に移すことはなかなか困難であることが予想されます。そこで、食品成分により生活習慣病などの予防が可能となれば、健康維持のための食品選択の幅が広がり、健康増進に寄与できのでは、と考え研究を行っています。


研究テーマ

これまで、食品の機能性や安全性、また環境中の化学物質に関する研究などに携わってきました。弘前大学では、生活習慣病や非アルコール脂肪性肝疾患(NAFLD)などの食生活が関連する疾患の予防のための食品成分の探索に関する研究に力をいれて展開していきたいと考えています。


略歴

20083 熊本県立大学大学環境共生学部 卒業

20103 熊本県立大学大学院環境共生学研究科博士前期課程 修了

20104 福岡女子大学 国際文理学部 助手 

20134 熊本県立大学 環境共生学部 助手 

20183 九州大学大学院生物資源環境科学府博士後期課程 修了

20184 弘前大学農学生命科学部 助教


業績

論文 (過去5年)

  1. Ishibashi H, Uchida M, Yoshimoto K, Imamura Y, Yamamoto R, Ikenaka Y, Kawai M, Ichikawa N, Takao Y, Tominaga N, Ishibashi Y, Arizono K., Occurrence and seasonal variation of equine estrogens, equilin and equilenin, in the river water of Japan: Implication with endocrine- disrupting potentials to Japanese medaka (Oryzias latipes). Environmental Pollution, 239, 281-288, 2018
  2. Yamamoto R, Iida A, Tanikawa K, Shiratsuchi H, Tokuda M, Matsui T, Nakamura T. Dietary d-allose ameliorates hepatic inflammation in mice with non-alcoholic Steatohepatitis. Food Sci. Technol. Res., 23, 319-327, 2017
  3. Ishibashi H, Uchida M, Koyanagi A, Kagami Y, Kusano T, Nakao A, Yamamoto R, Ichikawa N, Tominaga N, Ishibashi Y, Arizono K., Gene expression analyses of vitellogenin, choriogenin and estrogen receptor subtypes in the livers of male medaka (Oryzias latipes) exposed to equine estrogens. J. Appl. Toxicol., 36, 1392-1400,2016
  4. Uchida M, Ishibashi H, Yamamoto R, Koyanagi A, Kusano T, Tominaga N, Ishibashi Yasuhiro, Arizono K. Endocrine-disrupting potentials of equine estrogens equilin, equilenin, and their metabolites, in the medaka Oryzias latipes: in silico and DNA microarray studies. J. Appl. Toxicol., 35, 1040-1048, 2015
  5. Inokuchi A, Yamamoto R, Morita F, Takumi S, Matsusaki H, Ishibashi H, Tominaga N, Arizono K., Effects of lithium on growth, maturation, reproduction and gene expression in the nematode Caenorhabditis elegans. J. Appl. Toxicol., 35, 999-1006, 2015
  6. Inokuchi A, Nihira M, Minakoshi M, Yamamoto R, Ishibashi H, Tominaga N, Arizono K. Comparative study of the biological effects of antimicrobials, triclosan and triclocarban, for C. elegans. J. Environment and Safety, 5, 95-98, 2014

研究室・ゼミ

20184月より研究室を立ち上げました。


キーワード :
2018年5月22日 更新

山元 涼子 Ryoko Yamamoto

ページの先頭へ戻る