教員紹介

NO IMAGE

石川 隆二 いしかわ りゅうじ

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

農学という学問は,人が生きるために必要な食料生産やそれに関わる全ての学問領域をカーバーする領域です.野生イネの生育環境や進化から,世界の人口の6割が主食とするコメの将来にわたり安定的な供給を果たす技術,栽培植物と人間との関わりという分野ではDNA考古学を利用した遺跡からの出土物の検定や同種の現生植物の同定もおこないます. “http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/1/plantbrd/genetics.html” に様々なメッセージを載せていますので御覧下さい.


                                     ishikawa_1

 ラオスの焼き畑に育つ陸稲:
  さまざまなストレスに耐える能力を持っている.


    ishikawa_2

 東南アジアの一地域においてみられるイネの変異.もみの形から種子の色まで多様な遺伝子を持っている.

 
 

研究テーマ

植物育種学

 植物育種学は,例えば直播栽培において生じる雑草イネの出現を抑えるような現実的な問題から,種子の脱粒性機構のような栽培過程におけるイネの進化を明らかにするような問題を取り扱います.そのため,東南アジアの水路をあるき,研究室で遺伝子を単離し,汗をかきながら温室で交配を行って実験材料を育成することもあります.すべては,安定した食糧供給を可能にする技術を明らかにする農学的な目的から始まります.そして,科学の発展にしたがって,多様な技術を駆使して,進化,遺伝,生理学,生態,ときには考古学との連携をとりながら問題解決にあたります.


 

ishikawa_3

 写真は長野県にみられる雑草イネ,脱粒しているのがみられる.雑草イネは栽培形質を失って,雑草として収穫減収などにつながる.そのためにも雑草イネの起源や発生機構を明らかにすることが求められている.栽培化という進化の過程はこのような現実的な育種にも関係している.


ishikawa_4

 時には,水牛の守る野生イネのテリトリーに分け入り,遺伝資源を探索することもあります.

  1. イネの広域適応性の検証:イネの易変異性の原因を明らかにし,有用遺伝子のクローニングを行う.
  2. 野生イネ,在来種の遺伝資源としての評価と育種への応用
  3. 温暖化イネの育種のための遺伝解析
  4. DNA考古学の応用:イネの起源と伝播の道筋の検証

ishikawa_5

ishikawa_6

ishikawa_7

    ishikawa_8

    ishikawa_9

    ishikawa_10

    ishikawa_11

    ishikawa_12

    ishikawa_13

 


略歴

1985年

北海道大学農学部卒業

1987年

北海道大学農学研究科農学専攻修士課程修了

1988年

弘前大学農学部助手

1993年

弘前大学農学部助教授

1997年

弘前大学農学生命科学部助教授

2004年

岩手大学大学院連合農学研究科主指導教官

2006年-

大学共同利用機関法人人間文化研究機構 総合地球環境学研究所 コアメンバー


業績

【著書】

○国境を越えて
  メコン(編集佐藤洋一郎),アジア遊学No.55,pp.19-29,勉誠出版,東京.


○石川隆二 1994 (平成6年)
  アイソザイムマーカーによるイネ遺伝・育種学の再構築.育種学最近の進歩 36 : 25-28


○石川隆二 2009(平成21年)
  自然科学からみたイネの進化.ユーラシア農耕 1.モンスーン農耕圏の人びとと植物 (臨川書店) (佐藤洋一郎監修) 臨川書店,pp274.


○佐藤洋一郎・石川隆二 2004(平成16年)
  〈三内丸山遺跡〉植物の世界,裳華房,東京.
  Sato, Y-I and R. Ishikawa(2004) Plant world in Sannai-Maruyama site,pp. 140,   SHOKABO, Tokyo.

【学術論文】

a.博士論文
  ○ イネアイソザイムに関する遺伝育種学的研究


b.原著論文
  ○ Imai, K., M. MURAI, Y. Hao , Y. CHIBA, A. CHIBA and R. ISHIKAWA 2009(平成21年) Mapping of rice   Ur1 (Undulated rachis-1) gene with effect on increasing spikelet number per   panicle and sink size, and development of selection markers for the breeding   by the use of Ur1 Hereditas Accepted


○Ashikawa, I., J.   Wu, T. Matsumoto, and R. Ishikawa 2009(平成21年)
  Haplotype diversity and molecular evolution at the rice Pikm locus for blast   Resistance Journal of General Plant Pathology Accepted.


○Kawasaki, A.,K.   Imai, J. Ushiki, T. Ishii, and R. Ishikawa 2009(平成21年)Molecular   constitution of weedy rice (Oryza sativa L.) found in Okayama prefecture,   Japan. Breeding Science 59:229-236.


○石川隆二・佐藤洋一郎2009(平成21年)
  地球環境問題と育種の貢献ー第114回秋季シンポジウム「東南アジアにおけるイネ育種の現場と地球環境変動下における今後のイネ育種課題」によせてー 育種学研究11:59-60.


○今井 克則, 千葉 悠貴, 田村 優佳, 竹谷 敦子, 村井 正之, 佐藤 洋一郎, 石川 隆二 2008(平成20年)
  イネ在来系統‘赤毛’から生じた新規変異体の遺伝解析.育種学研究 10:135-143.


○田中克典・宇田津徹朗・石川隆二 2008(平成20年)
  前川遺跡亜から出土する植物炭化物におけるDNAならびにプラント・オパール解析.青森県埋蔵文化財調査報告書第475集 前川遺跡 第2分冊:97-100


○Sakamoto S.,   Ishikawa, R., Nakamura, I., Sato, Y-I. and Shimamoto, S.  2006(平成18年)
  Species identification of 6000-years-old beans from Sannai-Maruyama site,   Aomori, Japan. Journal of fossil Research 39:1-6


○Ishikawa, R. S.   Yamanaka Y. Fukuta S. Chitrakon C. Bounphanousay K. Kanyavong L-H. Tang  I. Nakamura   T. Sato and Y-I.   Sato 2006(平成18年)
  Genetic erosion from modern varieties into traditional upland rice cultivars   (Oryza sativa L.) in northern Thailand.Genet. Resour. Crop   Evol. (2006)53:245-252.


○Ishikawa, R., N.   Toki, K. Imai, Y-I. Sato, H. Yamagishi, Y. Shimamoto, K.Ueno,H. Morishima, T.   Sato 2005(平成17年)
  Origin of weedy rice grown in Bhutan and the force of genetic   diversity.Genetic Resources and Crop Evolution 52:395-403.


○牛木純,石井俊雄,石川隆二2005(平成17年) 
  岡山県に発生した日本型およびインド型雑草イネの生理・形態形質と分布の特徴. 育種学研究 7(4):179-187.


○Ishikawa, R. S.   Yamanaka Y. Fukuta S. Chitrakon C. Bounphanousay K. Kanyavong L-H. Tang  I. Nakamura   T. Sato and Y-I.   Sato 2005(平成17年)
  Genetic erosion from modern varieties into traditional upland   rice cultivars (Oryza sativa L..) in northern Thailand.Genet. Resour. Crop   Evol.52:395-403.


○Kinoshita, T. and R. Ishikawa 2002 (平成14年)
  Genetical studies of isoenzymes in rice plants I -General Viewpoint-
  Recent Res. Devel. Genet 2:43-95


○Ishikawa R., S. Yamanaka, K. Kanyavong, Y. Fukuta,   Y-I. Sato, L. Tang and T. Sato 2002 (平成14年)
  Genetic resources of primitive upland rice in Laos
  Economic Botany 56 :192-197


○Ishikawa R., I. Nakamura, T. Nishihara, M. Kikuchi・, M. Senda, S. Akada,T.   Harada,M. Niizeki 2002 (平成14年)
  Origin of cytoplasm substituted rice cultivars found in Japan.
  Theor. Appl. Genet. 105:608-613.


○Ishikawa R., Y-I. Sato, T. Tang, I. Nakamura 2002 (平成14年)
  Different maternal origins of Japanese lowland and upland rice populations.
  Theor. Appl. Genet. 104:976-980


○Yamanaka S., Y. Fukuta, R. Ishikawa, I. Nakamura, T.   Sato, Y-I. Sato 2002 (平成14年)
  Phylogenetic origin of waxy rice cultivars in Laos based on recent   observations for “Glutinous Rice Zone” and dCAPS marker of Waxy gene. Tropics   11:109-120


○Ishikawa, R., Harata, Y., Tuchimine, Y. , Senda, M.,   Akada, S. , Harada, T. andM. Niizeki 1997 (平成9年)
  Complex constitutive nature of Japanese upland rice, Oryza sativa L.
  Euphytica 98:197-203


○Ishikawa, R., T. Harada, M. Niizeki and K. Saito 1992 (平成4年)
  Reconstruction of linkage map with isozyme, morphological and physiological   markers in rice Chromosome 12. Japan. J. Breed. 42: 235-244


○Ishikawa, R., K. Maeda, T. Harada, M. Niizekki and K.   Saito 1992
  (平成4年) Genotypic variation   for 17 isozyme genes among Japanese upland varieties in rice. Japan. J.   Breed. 42: 737-746


○石川隆二・前田一春・原田竹雄・新関 稔・齋藤健一 1991 (平成3年)
  アイソザイム遺伝子型による日本の在来イネ品種のインド型・日本型への分類
  Japan. J. Breed. 41: 605-622


○Ishikawa, R., H.Morishima, T. Kinoshita, T. Harada, M.   NiizekiI and K. Saito 1991 (平成3年)
  Linkage analysis of nine isozyme genes on the conventional linkage map in   rice. Japan. J. Breed. 41: 265-272


○Sato, Y. I., R. Ishikawa and H. Morishima 1990 (平成2年)
  Non-random association of genes and characters found in indicaxjaponica a   hybrids of rice. Heredity 65: 75 7 6


キーワード :
2017年1月6日 更新

石川 隆二 Ryuji Ishikawa

ページの先頭へ戻る