教員紹介

写真:佐藤 孝宏 准教授

佐藤 孝宏 さとう たかひろ

  • 英語表記 SATO TAKAHIRO
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 国際園芸農学科
  • 専門分野 国際農業開発論 熱帯農学
  • email t.sato [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 3834

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

 熱帯諸国における農業・農村開発について学際的な視点から研究を行っています。
 特に環境、技術および制度の変化に対し、地域住民がどのように対応し生計を確保しているかについて分析を行っています。


研究テーマ

①熱帯乾燥・半乾燥地における農業システムの変容が地域住民の暮らしに与える影響

 降水量が少なく年変動も大きい乾燥・半乾燥地では、限られた水資源を有効に利用するため、地域の水文環境に適応した農業システムが長い間維持・管理されてきました。しかし、地球温暖化、市場経済の浸透、グローバル化など、農業システムを取り巻く様々な「環境」は、近年大きく変容しています。歴史的に発達した農業システムとともにあった人々の生活が、どのように変化しているのかについて、統計資料や衛星画像の分析、現地調査などにより研究を行っています。

インド・タミルナードゥ州のため池灌漑地域では、近年の急速な経済発展により住民の暮らしが大きく変化しています

②持続可能性指標に関する研究 

 産業革命以降の世界で「先進国」となった欧米や(戦後の)日本のような国々では、多くの場合、社会の目標が「生産」、特に「生産性の向上」に集約されてきました。しかしながら、真に持続可能な社会を構築するには、われわれ人間の営みを地球規模の物質・エネルギー循環や、多様な生物世界の営みの中に位置づけてゆく必要があります。このような視点から、国際機関等で開発された持続可能性指標を分析するとともに、新指標の開発を通じて「生産中心主義」を相対化した世界観を提示しようとしています。

物の見方を変えると、世界は全く違って見えるようになります。(どちらの図も青は評価が低く、赤は評価が高い)。

略歴

新潟県新潟市生まれ
1991年 3月   電気通信大学電気通信学部電子情報学科 卒業
1998年 3月 宇都宮大学農学部生物生産科学科 卒業
2000年 3月   京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻 博士前期課程 修了
2001年 5月 Visiting Research Associate, International Center for Agricultural Research
                     in the Dry Area (ICARDA)(~2003年6月)
2006年 3月    京都大学大学院農学研究科地域環境科学専攻 博士後期課程 修了
2006年 4月  京都大学東南アジア研究所 研究員
2007年10月 京都大学東南アジア研究所 特定研究員
2009年11月 京都大学東南アジア研究所 特定助教
2012年 4月    Post-doctoral Fellow, International Rice Research Institute (IRRI)
2014年 4月    Project Scientist, International Rice Research Institute (IRRI)
2015年 4月    人間文化研究機構 総合人間文化研究推進センター 研究員
        (兼 京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 客員准教授)
2017年 4月  弘前大学農学生命科学部国際園芸農学科 准教授


業績

【学術論文】

・Overview of food-water-energy nexus in India: with special reference to Punjab and Tamil Nadu. Paper presented in the 8th INDAS-South Asia International Conference Toward Sustainable Development of India and South Asia (単著、2016年)

・Evolution of water-intensive agriculture from 1909/10 to 2009/10 in Tamil Nadu, India – The case of Madura district -. Paper presented in TNAU-INDAS International Conference “Toward Sustainable Development of India and South Asia: Population, Resources, and Environment”(単著、2016年)

・Humanosphere potentiality index: Appraising existing indicators from a long-term perspective. The International Journal of Social Quality 6(1):32-66.(共著、2016年)

・指標からみたインド-環境の持続可能性と社会経済開発の現状- 『現代インド研究』4:71-88.(単著、2014年)

・Beyond water-intensive agriculture: expansion of Prosopis juliflora and its growing economic use in Tamil Nadu, India. Land Use Policy 35:283-292. (単著、2013年)

・Irrigation system and land use effect on surface water quality in river, at lake Dianchi, Yunnan, China. Journal of Environmental Science 25(6):1107-1116.(共著、2013年) 

・The effects of expansion of private wells on rural livelihood in tank intensive watersheds: a case study in upper Gundar river Basin, Tamil Nadu. Southeast Asian Studies 49(1):124-150 (共著、2011年)

 

【著書】

(共編著)

・『生存基盤指数―人間開発指数を超えてー』京都大学学術出版会(2012年)

    序章  生存基盤指数の目指すもの (共著)

    第3章 地球圏総合指数とその構成要素 (単著)

    第4章 生命圏総合指数とその構成要素 (単著)

    第6章 生存基盤指数からみた世界 (共著)   

 

(分担執筆)

・”Livelihood Transformability in Indian Villages with Poor Water Resources: The Case of Tamil Nadu”. In Mio et al. (eds.) “Structural Transformation in Globalizing South Asia: Comprehensive Area Studies for Sustainable, Inclusive, and Peaceful Development”, Senri Ethnological Studies (単著、印刷中)

・「南アジアの生態と社会」佐島隆ほか編『国際学入門 言語・文化・地域から考える』法律文化社 pp.112-118.(単著、2015年)

・「環境の多様性と文化の多様性」田辺明生ほか編『シリーズ現代インド1 多様性社会の挑戦』東京大学出版会 pp.39-60.(共著、2015年)

・「熱帯生存圏における農業発展のメカニズム」柳澤雅之ほか編『地球圏・生命圏の潜在力-熱帯地域社会の生存基盤―』京都大学学術出版会 pp.112-118.(共著、2012年)


研究室・ゼミ

  既存の価値観にとらわれずチャレンジする、気力と体力に自信がある学生を待っています。


キーワード :
2017年11月8日 更新

佐藤 孝宏 SATO TAKAHIRO

ページの先頭へ戻る