教員紹介

NO IMAGE

佐野 輝男 さの てるお

  • 英語表記 Teruo Sano
  • 職名 教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 食料資源学科
  • 専門分野 植物病理学・植物ウイルス病学
  • email sano [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39-3817
  • ホームページ http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/3/plapath/

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

植物も私たちと同じように様々な病気にかかります。特に伝染病は様々な種類の微生物やウイルスの感染で流行し、大きな収量減となるだけでなく品質も低下します。植物だけでなく、宿主と寄生者の相互作用は現在最も活発に研究が進展している分野で、私たちはウイルスやウイロイドとその宿主の相互作用を遺伝子のレベルで解析しています。
 特に、ウイロイド(地球上で知られている最小のRNA病原体です)に関しては、現在日本で唯一(といってよいと思います)ウイロイド病を主要テーマとして研究を進めている研究室で、国内外の様々なウイロイドを揃えて先端の研究を行っています。

植物病理学・植物ウイルス病学

 植物に発生する様々な病気を研究します。
   何故病気になるのか? 
   病原は菌類?細菌?ウイルス?それともウイロイド?
   病原体の生態から遺伝子まで幅広く研究しています。

 もっと詳しく知りたい方は、「弘前大学農学生命科学部植物病理学教室ホームページ」をご覧下さい。


研究テーマ

1.永年性作物のウイロイド・ウイルス性病害の検出と診断

 リンゴ,カンキツ類,ブドウ,ホップ等の永年性の作物に発生するウイロイド及びウイルス性の伝染性病害を防除するため,病原体の解明と効果的な検出・診断技術の開発を行っています。例えば,リンゴではさび果病やゆず果病などのウイロイドで起こる病気,未だに病原体が不明の奇形果などを中心に,病原体の解明と検出法の確立を目指しています。

2.植物ウイルス・ウイロイドの病原性発現機構の解明

 ウイロイドは現在知られている最小の病原体でRNAという核酸のみからなる病原体です。この小さな病原体がどのようにして植物に重大な病気を引き起こすのか?病原性発現機構の解明を通して,やがてはウイロイド病防除の方法を探っていこうと考えています。


略歴

1981年 7月

北海道大学農学部助手

1990年 4月
  ~1992年 3月

米国農務省ベルツビル農業研究所・在外研究委員

1992年 4月

弘前大学農学部助手

1992年 4月

弘前大学大学院農学研究科担当(修士課程)

1993年 4月

岩手大学大学院連合農学研究科併任(副指導教官)

1997年10月

弘前大学農学生命科学部助教授

2002年 4月

弘前大学大学院農学生命科学研究科担当(修士課程)

2003年 4月

岩手大学大学院連合農学研究科(主指導教官)


業績

○Sano, T., Candresse, T., Hammond, R. W., Diener, T. O. and Owens, R. A.: Identification of multiple structural domains regulating viroid pathogenicity. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 89:10104-10108. 1992.


○Sano, T., Nagayama, A., Ogawa, T., Ishida, I. and Okada, Y.: Transgenic potato expressing a double-stranded RNA-specific ribonuclease is resistant to potato spindle tuber viroid. Nature Biotechnology 15:1290-1294. 1997.


○Sano, T. and Matsuura, Y.: Accumulation of short interfering RNAs characteristic of RNA silencing precedes recovery of tomato plants from severe symptom of potato spindle tuber viroid infection. J. Gen. Pl. Pathol. 70:50-53. 2004.


○佐野輝男:ウイロイド‐自律複製するノンコーディングRNA 化学と生物 42:508-513. 2004.


キーワード :
2017年1月6日 更新

佐野 輝男 Teruo Sano

ページの先頭へ戻る