教員紹介

写真:園木 和典 准教授

園木 和典 そのき とものり

  • 英語表記 Tomonori Sonoki
  • 職名 准教授
  • 所属 弘前大学 農学生命科学部 分子生命科学科
  • 専門分野 応用微生物学・生物資源工学
  • email sonoki [at] hirosaki-u.ac.jp
  • 電話 0172-39–3585
  • ホームページ https://www.facebook.com/sonoki.lab

※メールアドレスは [at] を @ に変えてください。

メッセージ

 <研究室の最新情報はhttps://www.facebook.com/sonoki.labで発信しています>

 私たちのグループでは、微生物の機能を利用して、非可食バイオマス(リグノセルロース)を原料とした持続可能な物質生産について研究しています。資源を有効に利用するために、そして環境への負荷を減らすために、微生物の多様な機能をどのように利用できるのかを考え、出来ることを進めています。将来に向かって、私たちができること、しなければならないことを一緒に考案し、そして世の中に提案してくれるメンバーを募集しています。
 バイオテクノロジーに関する報道はとても華やかに聞こえます。しかしその影には、何百、何千回といった試行錯誤の連続です。昨日まで上手くいっていたことが全て無駄になることもあります。しかし、それらの苦労を乗り越えて成果を得たときの達成感は格別です。“微生物の機能を利用して有用物質を作り出す”ことに興味がある方は、気軽にお越しください。

研究室メンバー
2018.3.22卒業・修了式にて


研究テーマ

 微生物バイオテクノロジーを利用して、これまで化石資源から作られてきた化成品を、再生可能な植物資源から作り出す研究に取り組んでいます。

1, リグノセルロースからの化成品原料生産
2, 植物細胞壁分解酵素を活用した糖化性の高い植物資源の開発
3, 農業残渣の有効利用技術の探索

2018年4月1日現在
大学院農学生命科学研究科(修士課程) 2年生4名、1年生1名
農学生命科学部分子生命科学科              4年生3名 が所属しています。

2017年度の修士論文、卒業論文テーマ

後藤杏香(B); リグニンのみを炭素源とした糖質フリーな次世代型バイオ生産
佐藤匠(B); リグニンからのccMA生産―モデル実験からの脱却―
畑村美波(B); リグニン由来フェノール類からのcis,cis-muconic acid生産―糖質0の実現―

尾形拓哉(M);ムコン酸のバイオ生産効率化に向けたプロトカテク酸脱炭酸反応機構の解析
菊地晃弘(M); 農業残渣 (稲わら) を原料とした基幹化合物のバイオ生産
顔昊(M);サトウキビ栽培残渣を原料としたムコン酸生産の検討

 

略歴

2002年 東京農工大学大学院 生物システム応用科学研究科修了 農学博士

2002年 NEDOプロジェクト特別研究員(於 協和発酵工業株式会社東京研究所)

2003年 日本学術振興会特別研究員(於 独立行政法人産業技術総合研究所)

2004年 東レ株式会社 先端融合研究所 研究員

2008年 国立大学法人 弘前大学 農学生命科学部 准教授 (~現在)

2014年 Virginia Polytechnic Institute and State University客員研究員(~2014.12


業績

【研究論文等(過去3年)】

2018
園木和典,政井英司.
 不均一なリグニン由来フェノール類からのcis,cis-ムコン酸生産
 月刊BIOINDUSTRY.35(6):45-53.
園木和典,政井英司.
 リグニンを炭素源としたムコン酸のバイオ生産.
 バイオサイエンス&インダストリー (B&I).76(2):139-141.
Sonoki T, Takahashi K, Sugita H, Hatamura M, Azuma Y, Sato T, Suzuki S, Kamimura N, Masai E.
 Glucose-free cis,cis-muconic acid production via new metabolic designs corresponding to the heterogeneity of lignin.
 ACS Sustainable Chemistry and Engineering. 6(1):1256-1264.
Iimura Y, Sonoki T, Habe H.
 Heterologous expression of Trametes versicolor laccase in Saccharomyces cerevisiae.
 Protein Expression and Purification. 141:39-43.

2017
Iiyoshi R, Oguchi T, Furukawa T, Iimura Y, Ito Y, Sonoki T.
Expression of fungal laccase fused with cellulose binding domain can improve saccharification efficiency of Arabidopsis thaliana.
 Transgenic Research. 26(6):753-761.
園木和典,政井英司,上村直史.
 ムコン酸産生形質転換微生物とその利用.特願2017-182566.
政井英司,上村直史,高橋健司,園木和典.
 形質転換微生物とその利用.特願2017-086595.
Senda M, Yamaguchi N, Hiraoka M, Kawada S, Iiyoshi R, Sonoki T, Maeda H, Kawasaki M.
 Accumulation of proanthocyanidins and lignin deposition in buff-pigmented soybean seed coats may lead to frequent defective cracking.
 Planta. 245:659-670.

2016
Kondo S, Sugimura K, Okamura Y, Sato-Izawa K, Otsuka Y, Nakamura M, Kajita S, Masai E, Sonoki T, Katayama Y.
  Stable chiral carboxymuconolactone production from a lignin-related aromatic compound, protocatechuic acid.
  Fermentation Technology. 5(3):135-138
Otsuka Y, Matsuda M, Sonoki T, Sato-Izawa K, Goodell B, Jellison J, Murata H, Nakamura M.
  The enzymatic activities of cell free extract from acidophilic Burkholderia oxyphila OX-01 catalyzes anaerobic oxidation at the C-4 position of (+)-catechin and (-)-epicatechin into (+)-taxifolin.
  Bioscience, Biotechnology, and Biochemistry. 80(12):2473-2479.
Abe T, Iiyoshi R, Ito K, Takahashi Y, Sato K, Matsuzaka A, Sonoki T, Ito Y.
  Difference of saccharification yields among organs and growth stages in rice.
  Plant Biotechnology. 33:105-11.
Qian Y, Otsuka Y, Sonoki T, Mukhopadhyay B, Nakamura M, Masai E, Katayama Y, Okamura-Abe Y, Jellison J, Goodell B.
  Engineered microbial production of 2-pyrone-4,6-dicarboxylic acid from lignin residues for use as an industrial platform chemical.
  Bioresources. 11(3):6097-6109.
Okamura-Abe Y, Abe T, Nishimura K, Kawana Y, Sato-Izawa K, Otsuka Y, Nakamura M, Kajita S, Masai E, Sonoki T, Katayama Y.
  Beta-ketoadipic acid and muconolactone production from a lignin-related aromatic compound through the protocatechuate 3,4-metabolic pathway.
  Journal of Bioscience and Bioengineering. 121(6):652-658.
Jindo K, Sonoki T, Matsumoto K, Canellas L, Roig A, Sanchez-Monedero MA.
  Influence of biochar addition on the humic substances of composting manures.
  Waste Management. 49:545-552.

【学会発表(過去3年)】

2018
杉田晴佳、栗本祐樹、上村直史、政井英司、園木和典.
 リグニン由来のフェノール類を唯一の炭素源としたcis,cis-ムコン酸生産の効率化に関わる培養要素の同定.
 日本生物工学会2018年大会
杉田晴佳、畑村美波、上村直史、政井英司、園木和典.
 糖質に依存しないリグニン由来フェノール類からのcis,cis-ムコン酸生産.
 日本農芸化学会2018年大会
栗本祐樹、尾形拓哉、坂元君年、園木和典.
 Flavin prenyltransferase発現によるプロトカテク酸脱炭酸酵素の活性化.
 日本農芸化学会2018年大会

2017
園木和典,政井英司.
  糖質に依存しないムコン酸のバイオ生産.
  日本化学工学会金沢大会2017
市川晋、古川佳世子、園木和典、伊藤幸博.
  老化期特異的セルラーゼ発現による稲わらの糖化性向上.
  第12回東北育種研究集会
栗本祐樹、尾形拓哉、園木和典.
  基幹化合物生産の効率化に向けたProtocatechuate decarboxylase反応機構の解明.
  日本農芸化学会第152回東北支部大会
杉田晴佳、菊地晃弘、高橋健司、上村直史、政井英司、園木和典.
  リグニンを原料とした基幹化合物“cis,cis-ムコン酸”のバイオ生産.
  日本農芸化学会第152回東北支部大会
東勇太、菊地晃弘、顔昊、梶田真也、園木和典.
  草本系栽培残渣を原料とした有用物質生産と土壌還元モデルの検討.
  日本農芸化学会第152回東北支部大会
尾形拓哉,栗本祐樹,園木和典.
  ムコン酸生産の律速反応である“protocatechuate decarboxylase”を活性化する因子の機能解明.
  日本生物工学会2017年大会
菊地晃弘,東勇太,高橋健司,上村直史,政井英司,園木和典
  アルカリ加水分解により得られる稲わらリグニン由来芳香族化合物を原料としたムコン酸のバイオ生産
  日本生物工学会2017年大会
東勇太,佐藤匠,高橋健司,上村直史,政井英司,園木和典
  木質系・草本系バイオマス由来のリグニン分解物を原料としたムコン酸生産
  日本生物工学会2017年大会
園木和典,杉田晴佳,高橋健司,上村直史,政井英司
  針葉樹リグニン分解物を唯一の炭素源とした糖質に依存しないムコン酸のバイオ生産
  日本生物工学会2017年大会
高橋健司,篠田英里,鈴木祥央,上村直史,園木和典,政井英司
  糖質に依存しない広葉樹リグニン分解物からのムコン酸のバイオ生産
  日本生物工学会2017年大会
園木和典.
  バイオマスを原料とした有用物質の生産~ホワイトバイオ:リグニンからのムコン酸生産~
  2017年日本農芸化学会東北支部シンポジウムー多様な広がりで魅せる微生物研究―
飯村洋介,園木和典,羽部浩
  カワラタケラッカーゼの酵母による発現とその特性
  日本木材学会2017年大会

2016
園木和典.
  リグニン由来の芳香族化合物を原料としたポリマー原料生産
  第26回日本MRS年次大会
菊地晃弘,杉田晴佳,顔昊,高橋健司,上村直史,政井英司,園木和典.
  リグニン由来のフェノール類を原料としたムコン酸生産.
  日本生物工学会2016年大会
園木和典.
  リグニン由来のフェノール類を原料としたムコン酸のバイオ生産に向けて
  2016年度日本生物工学会北日本支部札幌シンポジウム-低炭素化社会に資する最先端バイオリファイナリ―研究-
Tomonori Sonoki, Akihiro Kikuchi, Takuya Ogata, Kenji Takahashi, Naofumi Kamimura, Eiji Masai.
  Enhancement of protocatechuate decarboxylation for the effective production of muconic acid from renewable feedstocks.
  Metabolic Engineering 11, June 26th to 30th.
菊地晃弘,諸岡深雪,尾形拓哉,園木和典
  リグニン由来フェノール類を原料としたムコン酸生産
  日本農芸化学会2016年大会
尾形拓哉,今仁志,菊地晃弘,諸岡深雪,園木和典
  ムコン酸生産効率化に寄与するProtocatechuate decarboxylase活性化機構の解析
  日本農芸化学会2016年大会

 


研究室・ゼミ

微生物の機能を最大限利用するために,代謝反応の最適化を進めています。
無菌操作、代謝制御操作、生産物の精製、物質生産の原料の化学分析などを行います。 
“微生物の代謝を制御して有用物質を作り出す”ことに興味がある方は,気軽にお越しください。

毎週セミナーやミーティングを,そして毎月最終週には研究報告会を行っています。
実施したこと・得られたこと・考えたことについて,自分自身の言葉で,自信を持って説明できることを重視しています。
学会発表,シンポジウム講演などを通じて,大学内外への情報発信も積極的に行います。
もちろん頑張った後には気分転換。メリハリをつけた活動がこの研究室のモットーです。
 
   
 

 


キーワード :
2018年6月20日 更新

園木 和典 Tomonori Sonoki

ページの先頭へ戻る