弘前大学農学生命科学部では、2016年度より始まった新カリキュラムの中で、2年生を対象に新科目「海外研修入門」を開講しています。本科目は、農学生命科学部における各専門に関する国際的知識を涵養することで農学系のグローバル人材を養成することを目的とし、1週間程度の日程で海外に滞在し、現地の農業やその関連産業の現場視察、大学等研究機関への訪問、研究者や学生との交流等を実施します。また、渡航前後には渡航のための準備と現地で学んだことを振り返るための演習を行い、最後に現地での研修成果を報告会で発表します。

概要

授業の流れ

図:授業の流れ

参加条件

  • 「国際食料流通論」及び1年次の英語科目(listening、reading、speaking, 及びwriting)、計8単位)」を履修し評価を受けること。途中放棄は認められません。
  • 選択科目となっている学科では、新たに条件が付される場合があります。

危機管理体制

農学生命科学部では、海外研修入門に参加する学生に対し以下の取り組みを実施し海外での安全管理体制の確保に努めています。

①海外渡航前危機管理オリエンテーションの実施

弘前大学国際連携本部が実施する外部講師による海外渡航前危機管理オリエンテーションへの参加を義務づけています。

[詳しくはこちら]... 弘前大学国際連携本部ホームページ「危機管理情報」

②派遣留学生危機管理制度OSSMAへの登録

渡航先での事件・事故等のトラブルに備え,派遣留学生危機管理サービス制度(OSSMA)への加入を義務づけています。

[詳しくはこちら]... 留学生危機管理制度OSSMAホームページ

③海外旅行保険への加入

旅行先での病気やケガの補償、他人へ危害を加えた場合の賠償、携行品のトラブルの補償などのために海外保険への加入を義務付けています。

④たびレジへの登録

たびレジ「外務省海外旅行登録」に登録することにより、渡航前、渡航中に滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール、いざというときの緊急連絡などが受け取れます。

[登録はこちらから]... 外務省海外安全情報配信サービス登録画面

⑤緊急時の連絡体制の確立

「弘前大学国際交流危機管理対応マニュアル」に基づき、学生の海外渡航中に危機等が発生した場合の手順を事前に学部内で共有し、緊急時の連絡体制を確立しています。

海外研修入門実施状況

2018年度

生物学科
オーストラリア(ケアンズ)
2019.03.09~03.15
分子生命科学科
アメリカ(ワシントンDC)
2018.09.17~09.24
食料資源学科
タイ(バンコク)
2018.09.25~09.28
国際園芸農学科
アメリカ(マーチン)
2018.09.16~09.24
国際園芸農学科
フランス(パリ、カーン)
2018.09.02~09.09
国際園芸農学科
タイ(バンコク、チェンマイ)
2018.09.11~09.18
国際園芸農学科
中国(青島、菜陽)
2018.09.08~09.14
国際園芸農学科
台湾(台北)
2018.12.17~12.22
国際園芸農学科
ニュージーランド(オークランド)
2019.02.17~02.24
地域環境工学科
ネパール(チャリコット、カトマンズ)
2019.02.16~02.23

2017年度

生物学科
オーストラリア(ケアンズ)
2018.03.10~3.16
分子生命科学科
アメリカ(ワシントンDC)
2017.09.18~09.24
食料資源学科
タイ(バンコク)
2017.09.26~09.29
国際園芸農学科
アメリカ(マーチン)
2017.09.10~09.19
国際園芸農学科
フランス(パリ、カーン)
2017.11.26~12.03
国際園芸農学科
タイ(バンコク、チェンマイ)
2017.09.11~09.19
国際園芸農学科
中国(青島、菜陽)
2017.09.09~09.15
国際園芸農学科
台湾(台北)
2017.12.03~12.08
国際園芸農学科
ニュージーランド(オークランド)
2018.02.18~02.24
地域環境工学科
タイ(バンコク、コンケン)
2018.02.18~02.23

報告会

必要提出書類(学内限定)

書類名 ファイルダウンロード
海外渡航届 エクセル ][ PDF
同意書 エクセル ][ PDF
派遣留学生危機管理制度
OSSMA概要及び登録手順
PDF
海外旅行保険加入依頼書 エクセル ]※両面印刷してください
海外留学保険チラシ PDF

お問い合わせ

お問い合わせは下記までお願いします。

弘前大学農学生命科学部 総務グループ
〒036-8561 青森県弘前市文京町3
Tel.0172-39-3515