【3月19日】公開シンポジウム 白神・青森の大地からみえてくる温暖化の将来~研究の最前線からの報告(オンライン開催)

国立環境研究所地球環境研究センターおよび弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター共催で,令和3年3月19日(金)にシンポジウムをオンライン開催します。
森林がCO2の大きな吸収源であることは広く知られていますが,気候変動が進んだ将来でも吸収源でありつづけるかどうかについては分かっていないことも多くあります。

今回は森林のCO2収支と気候変動への応答を対象とした研究の中で,青森・白神を舞台とした最新の結果などを紹介します。

参加費無料ですので,興味のある皆さまのご参加をお待ちしております。

 

■日 時 令和3年3月19日(金) 14:00~16:30
     ※Zoomミーティングによるオンライン開催です。
■申 込 電子メールで事前登録をお願いします。参加費無料,定員100名です。
       事前に下記宛てにお申し込みください。

     タイトル名「公開シンポ参加希望」本文に参加者氏名と居住地(市町村)を記載

     宛 先  2021sympo-nies-hu@nies.go.jp (推進費2-2006課題公開シンポジウム事務局)

■共 催 国立環境研究所地球環境研究センター・弘前大学農学生命科学部附属白神自然環境研究センター
■後 援 青森県地球温暖化防止活動推進センター・白神山地ビジターセンター
■プログラム

 14:00  開会挨拶 石川 幸男(弘前大学)
 14:10  趣旨・研究概要説明 高橋 善幸(国立環境研究所)
 14:20 「温暖化の現状と白神の観測でわかったこと」 石田 祐宣(弘前大学)
 14:45 「温室効果ガスの観測からわかる炭素循環」
      ~温暖化で白神の土から出るCO2が増える!?~ 寺本 宗正(鳥取大学)

 15:05 「放射性炭素からわかる炭素循環」
      ~炭素の時計で考える 大気と土壌の繋がり~ 安藤 麻里子(原子力研究開発機構)
 15:20 「遺伝解析からわかる炭素循環」~遺伝子から見えてくる 目には見えない土壌の変化~近藤 俊明(国際農林水産業研究センター)
 15:35 「気候変動はリンゴ園の炭素の出入りにどのように影響するのか」 伊藤 大雄(弘前大学)
 16:00  総合討論・質問など
 16:20  閉会挨拶 梁 乃申(国立環境研究所)
 16:30  閉会

 

PDF形式はこちらをクリックしてください


ページの先頭へ戻る