【受賞報告】 紅の夢を使用したドライアップルが、「あおもり産学官金連携イノベーションアワード2021」において、「イノベーション特別賞」を受賞しました(食料資源学科 岩井邦久教授)

 食料資源学科 岩井邦久教授と共同研究をしている株式会社合食八戸工場が,青森県内の産学官と金融機関の連携組織である「イノベーション・ネットワークあおもり」主催の「あおもり産学官金連携イノベーションアワード2021」において,イノベーション特別賞を受賞しました。

 イノベーション特別賞は,企業が受賞対象で,優れた技術・製品が青森県の新産業・新事業創出や地域活性化に今後期待されるものに送られる賞です。

 弘前大学,21あおもり産業総合支援センター,八戸市との連携により,本学で開発された果肉まで赤いりんご「紅の夢」を使用して退色防止と機能性を含んだ今までにないドライアップルの商品化に成功し,今後は青森県産の農水産物を利用した健康と美容に役立つ独自の加工食品や機能性表示食品の開発が期待されることが評価されました。

 授賞式は、令和3年11月4日(木)に開催されました。

 

紅の夢を使用したドライアップルについてはこちら

 

陸奥新報に掲載されました

 

PDF形式はこちらをクリックしてください

 

 

【掲載】農林水産省Webマガジンaffに紅の夢ドライアップルの記事が掲載されました(岩井邦久教授 食料資源学科)


ページの先頭へ戻る